【通信教材で人材育成】完璧主義をやめる方法4選

心理コラムタイトル

完璧主義の特徴4選

完璧主義とは、自分や他人に対して非常に高い基準や要求を課し、完璧な結果を求める傾向を指します。

① 高い目標や高い基準を追求する

完璧を追求する女性

完璧主義者は、何事も完璧に行おうとし、満足することなく高い目標を追求する傾向があります。例えば、仕事では100%の成果を目指し、細かいところまで注意を払います。その結果、優れた成果を生む一方で、自分に対するプレッシャーが増し、ストレスを抱える傾向があります。たとえ、成果を出しても、さらなる完璧を追い求めるため、達成感や満足感を得られないことがあります。

完璧主義は、自分に対してだけでなく、他人に対しても過度な期待をしたり、高いレベルを求めてしまう場合があり、周囲を疲弊させてしまう可能性があるので注意をしましょう。

② 過度な努力を行う

完璧主義者は、高い目標を持ち、それを達成するために過度な努力を行う傾向があります。例えば、身体の限界まで業務を続けたり、細かい確認作業に多くの時間を費やしたりします。これもまた、高い成果を生む一方で、同時に身体的・精神的な疲れを引き起こすことがあります。

努力をする姿勢は大切な資質ですが、過度に努力をした結果、自分でも気づかぬうちに心身が疲弊してしまい、突然メンタル不調を引き起こす可能性があるので注意をしましょう。

③ 失敗に対して過敏

完璧主義者は、失敗やミスに敏感で、それを極度に恐れます。常に完璧であることを追求するため、失敗やミスに対する不安や心配が常につきまといます。また、失敗した際には、自分を強く責めたり、ネガティブな感情にさいなまれることがあります。

④ 不確実な状況では行動しない

完璧主義者は、不確実性や予測不可能な状況を避け、完璧に準備が整っていないと行動しない傾向があります。例えば、新しいことに挑戦する時、成功する保証が無いと感じると、行動をためらったり、消極的になることがあります。

完璧主義を止める方法 4選

① 「曖昧さ耐性」をつける

完璧主義者は、明確で確かな情報や指示を求める傾向があります。しかし、現実には確かな情報はそうそう手に入るわけではなく、不確実なことや、曖昧なことがたくさんあります。そのため、曖昧な状況に耐性をもつことで、柔軟性を身につけ、適応力を高めることができます。

あいまいさ耐性とは、、曖昧な状況に対する寛容さのことを指します。曖昧さ耐性がある人は、事実や理由、正解をすぐに明らかにしようとせず、不確かな状況でも冷静さを保ち、それを楽しむことができます。

② 極端な考え方を避ける

中庸のイメージ

完璧主義者は、成功以外は失敗とみなす傾向があり、気持ちに折り合いをつけたり、妥協することが難しく感じることがあります。そのため、このような極端な考え方を避け、「中庸」の考え方を取り入れることが効果的です。

中庸とは、考え方が極端ではなく、バランスの取れたあり方のことを指します。


中庸の考え方の例

  • 「人にがっかりした時」は、悪い面も良い面もあるのが人間だよねと考える
  • 「自分は運が悪いと感じた時」は、人生、良いこともあるし悪いこともあると考える
  • 「期待した成果が出ずがっかりした時」は、完璧ではなくて8割の完成度を目指そうと考える     など

③ 自己肯定感を高める

完璧主義者は、ちょっとしたミスでも「失敗した」と感じやすく、自己肯定感が下がりやすい傾向があります。そのため、自己肯定感を高めることが大切です。

自己肯定感を高める方法

  • 自己受容をする(短所を含めて自分を受け入れる)
  • 自分の過去からの成長と比較する(理想を上げすぎない)
  • 自己評価を見直す(自分に対してポジティブな評価を心掛ける)

④ 足るを知る

完璧主義者は、常に最高の成果を求める傾向があります。自分に厳しい基準を設け、努力をしますが、その過程で自分が選んだ結果でさえも十分でないと感じることがあります。この高い基準のため、満足感を得にくくなります。そのため、「足るを知る」こと、つまり、他に選択肢があったとしても、自分の選んだ道を肯定的に受け入れることが重要です。自分の行動や選択を肯定的に受け入れることで、完璧主義の圧力から解放され、満足感を得ることができます。

ポイント

完璧主義の人は、真面目で責任感が強く、細部にまで気を配る傾向があり、その特性を活かせれば非常に高い評価を得ることができます。一方で、失敗に対する過敏さや、不確実性を恐れ消極的になる傾向がある人は、メンタルへルス不調へとつながる場合があります。だからこそ、完璧主義の傾向を理解し、適切なバランスをとることが重要です。

完璧主義の特性を活かすことで、高い成果を得ることができます。当社の通信教材では、管理職や一般社員など様々な立場で個性を活かす方法を学ぶことができます。

通信教材で人材育成

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。