ストレスを感じやすい人は「曖昧さ耐性」が低い人?

心理コラム

曖昧さ耐性とは

真面目な人

曖昧さ耐性とは、曖昧な状況に対する寛容さのことを指します。曖昧さ耐性がある人は、事実や理由、正解をすぐに明らかにしようとせず、不確かな状況でも冷静さを保ち、それを楽しむことができます。

「曖昧さ耐性が低い人」の特徴

  • 物事を極端に解釈する
  • はっきりしない状況に対して「モヤモヤ」「イライラ」を感じやすい
  • 絶対的な正解を求める

ストレスの感じ方の違い

曖昧さ耐性が低い人」は、曖昧な状況に直面すると、ストレスを感じやすいです。例えば、相手からメールの返信が無い場合のストレスの感じ方の違いについてご紹介します。

「曖昧さ耐性が低い人」の感じ方

相手からメールの返信が無い場合

あいまいな状況に耐性が無い人
  • 私のことを嫌いなんだと思う
  • 返事をしないなんて不誠実な人だ
  • 理由がわからずにモヤモヤする

曖昧さ耐性が低い人は、相手の行動の意図が分からないような曖昧な状況に耐えられず、相手の気持ちを勝手に解釈したり、メールの返信が来ないことに対して不安やストレスを感じやすい傾向があります。

「曖昧さ耐性が高い人」の感じ方

相手からメールの返信が無い場合

あいまいな状況に耐性がある人
  • 今は忙しいのかもしれない
  • 送ったメールを見ていないのかもしれない
  • 何かの手違いで届いていないのかもしれない
  • 〇日経っても返事が来なかったらもう一度送ってみよう

曖昧さ耐性が高い人は、相手の行動の意図が分からないような曖昧な状況でも、無理に結論付けず、様々な可能性を考える傾向があります。

ポイント

相手の行動や言動に対して過剰に反応することで人間関係を悪化させることがあります。例えば、「何ではっきりしないの?」「何で返信くれないの?」と怒りや不安を表に出すこと、相手に負担をかけることになります。そのため、曖昧さ耐性を高め、相手の状況や背景を考慮できるようになることが大切です。

曖昧さ耐性をつける方法3選

ステップを上る女性

① 「自分は今、〇〇と感じているな」と考える癖をつける

曖昧さ耐性があるかどうかは、自分ではなかなか気づきにくいものです。そのため、「自分は今、〇〇と感じているな」自問する習慣をつけ、自分自身を客観的に見ることが効果的です。

  • 自分は今、メールの返信が無くてイライラしているな」
  • 自分は今、将来に負担を感じて不安になっているな」
  • 自分は今、情報が無い状態にパニックになっているな」

② 瞑想を行う

瞑想とは、呼吸に集中し心を静めて無心になることを指します。瞑想を通じて、自分の思考や感情に気づき、それらを客観的にみることができます。

瞑想のやり方

STEP1 静かな場所に座り、姿勢を整える

STEP2 3秒間、鼻から息を吸う(腹式呼吸を意識)

STEP3 7秒かけて口から息を吐く

上記を繰り返し行い、呼吸に集中して「今」に注意を向けます。もし呼吸から意識がそれた場合、「今、意識が逸れたな」と自覚してから、再び呼吸に集中します。

 口癖を変える

「曖昧さ耐性が低い人」と「曖昧さ耐性が高い人」の間には、口癖に明確な違いがあります。そのため、意識的に「曖昧さ耐性が高い人」の口癖に変えてみましょう。

口癖の例

  • 絶対して  ➡ なるべく
  • 絶対こうだ ➡ こうかもしれない
  • ○○に違いない ➡ もしかしたら〇〇かもしれない
  • ○○しなければ ➡ まぁ、いいか

認知の歪みに当てはまる考え方が多いほど、メンタルへルス不調につながる可能性があります。当社の基礎検査では、これらの考え方の癖を計測し、人材育成や組織改善の参考値として活用することができます。

人材育成に活用できる適性検査ツールの紹介

一般社員向けの基礎検査

当社の「基礎検査」では、ビジネスパーソンとして必要な基礎能力を『思考の癖』『社会人基礎力』『メンタルへルス』の3つに分けて測定いたします。

基礎検査の3つの要素
ビジネスパーソンとして必要な基礎力

基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • 思考の癖
  • 社会人基礎力
  • メンタルへルス など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。

「基礎検査」の特徴

Point1 正解が無い問題形式

基礎検査は、ストレスがかかるようなシチュエーションを想定した問題を出題し、その時の自身の行動や感じ方を選択肢の中から選んでもらいます。問題自体に正解や不正解という概念が無く、あくまでも感じ方や行動の中から思考の癖を測定する検査になるため、自分を良く見せる回答がしずらく、本来の特性を評価することができます。

Point2 厳選した結果帳票

「基礎検査」では、個々の考え方や行動パターンを分析し、メンタルへルス不調の予防や、働く上で重要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、思考の癖の改善に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

スマホ・PC・冊子のいずれかで受検いただきます。

スマホで受検可

STEP2

「評価シート」の配布

評価シートで得点と改善点を確認します。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖に向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート
お問合せボタン