白黒思考を止め、職場の人間関係を改善する方法

心理コラム

白黒思考とは

白黒思考とは、物事を極端な二極化の視点で判断する傾向です。中間的な見方や様々な観点を無視し、物事を単純な「白か黒」の枠組みでとらえる癖があります。

(例)

  • 敵  ⇔ 味方
  • 最悪 ⇔ 最高
  • 失敗 ⇔ 完璧
  • 悲観 ⇔ 楽観
  • 無駄 ⇔ 有益    など

白黒思考により、「うれしい⇔悲しい」などの感情の振れ幅が大きくなり、感情が不安定になる傾向があります。

「白黒思考」のデメリット

好き嫌いが激しい人
  • 人間関係の悪化
  • 感情の不安定化(失望しやすい)
  • 冷静な判断の妨げ
  • 自己成長の阻害

例えば、社内の人に対して「あの人は敵」「あの人は味方」と決めつける白黒思考があると、「敵」とみなした人には冷たく接し、「味方」とみなした人には、過度な期待をかけてしまうことがあります。人に対して極端に白黒思考をした結果、少しでも悪い面が見えると失望して嫌いになり、人間関係が長続きしない傾向があります。

白黒思考を止める方法2選

① 中庸の考え方を取り入れる

中庸のイメージ

中庸とは、考え方が極端ではなく、バランスの取れたあり方のことを指します。

例えば、全力を尽くしても期待した成果が得られない場合、「こんなに頑張ったのに…」と大きな落胆や失望を感じることがあります。逆に、気を緩めすぎると品質が低下し、信頼を失う可能性があります。中庸の考え方は、このような極端な判断(白黒思考)を避け、適度なバランスを保ちながら自己の調子を整え、目標に向かって着実に進むことを目指すことです。

中庸の考え方の例

  • 「人にがっかりした時」は、悪い面も良い面もあるのが人間だよねと考える
  • 「自分は運が悪いと感じた時」は、人生、良いこともあるし悪いこともあると考える
  • 「期待した成果が出ずがっかりした時」は、完璧ではなくて8割の完成度を目指そうと考える     など

世の中の物事には白黒はっきりつけられるものばかりではないし、人にはいい部分もあれば悪い部分もあるということを理解できると、気持ちが楽になります。

② 気持ちをコントロールする

白黒思考に陥りやすい人は、物事や人に対して極端な二項分類(成功か失敗、良いか悪いなど)に分けてしまいがちです。このような思考パターンでは、一度の挫折や期待外れの結果が生じると、大きな落胆や失望を感じることがあります。そのため、気持ちをコントロールすることが大切です。

気持ちをコントロールする方法

STEP1 自己認識をする

感情のトリガーとなる状況を把握しましょう

(方法)怒りや悲しみを感じた場面を思い出し、紙に書く

(例)後輩に注意をしたが、同じミスをしていてイラっとした

STEP2 解釈を深堀する

上記の感情を感じた理由を確認しましょう

(方法)怒りを感じた理由を考え、紙に書き加える

(例)昨日注意したのに、同じミスをするなんてやる気が無いに違いない。一度注意を受けたものは二度と間違えないように気を付けるべきだと思うから

STEP3 思考の見直しを行う

上記の感情を感じた理由が「白黒思考」になっていないか、確認しましょう。

(方法)怒りを感じた理由に対して、別の解釈を紙に書き加える

(例)「昨日は自分の説明が分かりにくかった可能性がある」「忙しくてたまたまミスをした可能性がある」

STEP4 思考を定着させる

自身が見直した思考を確認し、その考え方が再現性のある思考になるように納得できる形で受け入れていきましょう。練習を重ねることで自然と中庸の思考ができるようになります。

従業員のメンタル不調を防ぐ方法

白黒思考をする機会が多いほど、メンタルへルス不調につながる可能性があります。当社の基礎検査では、これらの考え方の癖を計測し、人材育成や組織改善の参考値として活用することができます。

人材育成に使える適性検査の紹介

当社の「基礎検査」では、ビジネスパーソンとして必要な基礎能力を『思考の癖』『社会人基礎力』『メンタルへルス』の3つに分けて測定いたします。

基礎検査の3つの要素
ビジネスパーソンとして必要な基礎力

基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • 思考の癖
  • 社会人基礎力
  • メンタルへルス など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。

「基礎検査」の特徴

Point1 正解が無い問題形式

基礎検査は、ストレスがかかるようなシチュエーションを想定した問題を出題し、その時の自身の行動や感じ方を選択肢の中から選んでもらいます。問題自体に正解や不正解という概念が無く、あくまでも感じ方や行動の中から思考の癖を測定する検査になるため、自分を良く見せる回答がしずらく、本来の特性を評価することができます。

Point2 厳選した結果帳票

「基礎検査」では、個々の考え方や行動パターンを分析し、メンタルへルス不調の予防や、働く上で重要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、思考の癖の改善に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

スマホ・PC・冊子のいずれかで受検いただきます。

スマホで受検可

STEP2

「評価シート」の配布

評価シートで得点と改善点を確認します。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖に向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート
お問合せボタン