部下から相談を受けた時の正しい対応方法について

心理コラム

【基本】部下から相談を受ける時のポイント

目を合わせる女性

✔ 作業の手を止める

部下から相談を受けたら、一旦作業の手を止めましょう。どんなに忙しくても、他のことをしながら話を聞くことは、部下に真剣に向き合っていないという印象を与えてしまいます。

もし手が離せない状況であれば「10分後でいい?」など、部下の都合を確認し、柔軟に対応しましょう。

✔ 姿勢や表情を聞くモードにする

部下から相談を受けたら、部下の方向に身体を向け、目を合わせ、優しい表情を心がけましょう。これにより、部下が話しやすい雰囲気を作り出すことができます。一方で、険しい表情や迷惑そうな態度をすると、部下は相談しにくくなります。

✔ 批判や非難をしない

部下の話がわかりにくい場合、つい批判的なことを言ってしまいがちです。しかし、相談された時に怒ってしまうと、部下は次回から相談をためらう可能性があります。

NG発言

  • 何を言ってるのか分からない
  • 結論から言って
  • 何故今頃言ってくるの?  など

✔ アドバイスは求められたときだけ行う

相談には、「聞いてほしい」場合と、「解決してほしい」場合の2種類があります。そのため、まずは相手の話を聞き、部下がどちらを求めているのか判断することが大切です。そして、部下が求めている場合にのみ、アドバイスをしましょう。

✔ 解決策を一緒に考える

部下からの相談に、「こうすればいいじゃん」と安易に解決策を伝えることは控えましょう。部下は既にその解決策を考えている可能性があり、実行したいけれど、何らかの制約があるため上司に相談している場合があります。そのため、「こうしなさい」と指示するのではなく、「一緒に考えよう」と伝え、共に解決策を見つける姿勢が重要です。

【実践】相談を受けた時の対応方法

相談を受ける際は、以下のステップを参考にしてみてください。

STEP1 話を聞く

部下が何を言いたいのか、どのような問題や悩みを抱えているのかを理解するために、部下の話に耳を傾けましょう。

STEP2 共感を示す

部下の感情や立場に共感を示しすことで、「話を聞いている」と伝えることができます。相手の努力や成果を認め、労いの言葉をかけることで、社員も「頑張ってよかった」と思い、次回も頑張ることができます。

共感を示す言葉

  • 「それは大変でしたね」
  • 「それは疲れましたね(お疲れ様でした)」
  • 「頑張っているね(頑張っていると思うよ)」

STEP3 アドバイスや解決策を提案する

一連の流れが終わった後、具体的なアドバイスや解決策を提供しましょう。

アドバイスの提案例

  • 「この問題に関して私が思いつく解決策は○○ですが、どう思いますか?」
  • 「このような状況では、この対応をするのが良いと思うが、どう思いますか?」

STEP4 フォローアップを約束する

相談が終わった後、部下がどのように進めていくかを確認し、必要に応じてフォローをしましょう。

フォローアップの伝え方

  • 「また、結果や進捗について教えてください。必要ならば再度相談に乗ります。」

マネジメント検査で人材育成

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。