【人材育成】自己肯定感が低い人の特徴5選

心理コラムタイトル

自己肯定感が高い状態とは

自己肯定感が高い状態とは、自分の過去/未来、長所/短所、外見、体力、実績などに対してポジティブな評価を持ち、受け入れ、認める状態を指します。「ありのままの自分を受け入れる」ことが重要であり、「自分はすごい!」と自分の素晴らしさを誇るのではなく、短所や失敗も含めて自分だと受け入れ、認めることが大切です。

自己肯定感が低い人の特徴 5選

① 自分の価値を他人の承認に依存する

不安定な自己肯定感

他人の評価や承認によって自分の価値を判断するような、他人の評価に依存した状態では他人に振り回され自己肯定感が安定になりやすくなります。例えば、他人から好意的な評価を受けると自信が持て、自己肯定感が上がりますが、逆に評価をもらえないと、自信が無くなり自己肯定感が低くなります。

他人の評価に左右されず、ダメな自分も自分だと受け入れる感覚を持ちましょう。ちなみにこの感覚を「自己受容」と言います。

② 自分と他人と比較する

他人と比較する人

自分と他人を比較することで、自分の価値を測ろうとすると、自己肯定感が不安定になりやすくなります。例えば、他人より優れていると感じた場合には自己肯定感が上がりますが、他人と比較して自分が劣っていると感じた場合は、自己肯定感が下がります。また、優れた人は世の中にたくさん存在し、比較対象が無限になるため、自己肯定感がいつまでも低いままになるリスクも伴います。

他人との比較に固執するのではなく、自分の過去からの成長を基準に自分を評価することが大切です。

③ 自分自身を責め続ける

一日中ミスを引きずる男性

自己評価が厳しい人や自己批判が強い人は、自分を責めることに多くのエネルギーや時間を費やすため、自己肯定感が下がる傾向があります。例えば、小さなミスや失敗に対して、過度に責任を感じたり、自己嫌悪に陥って自分を責め続けることがあります。

自分を責め続ける癖がある人は注意しましょう。自分自身を励ます思考を意識すると良いです!

④ 短所や失敗に焦点を当てる

パニックになる社員

上手くできたことや長所よりも、失敗や短所にばかりに注目すると自己肯定感が低下します。例えば、一回間違えただけで自分はダメな人間だと責めてしまうことがあります。

⑤ 完璧主義

完璧を追求する女性

完璧主義の傾向があると、達成不可能な期待や、非現実的な高い理想を持ち続けることになり、それを叶えられない自分に失望することで自己肯定感が低下します。また、他人にも同じような厳しい基準を求める傾向があり、周囲も疲弊する可能性があります。例えば、誰かがミスをしたとき、「こんなポンコツな私でもできるのに、何故できないんだ?努力が足りないのではないか?」と他人に過度な要求を抱いてしまう傾向があります。

行き過ぎた完璧主義は、失敗や、不完全さを許容できなくなり、メンタル不調になる場合もあります。ほどほどの期待値を持つことが大切です。

自己肯定感を高める方法

自己肯定感を高めるには下記のポイントを意識すると効果的です。

  • 自己受容を行う
  • 自分自身の過去からの成長と比較する
  • 自分の長所を見つける
  • 自分自身をケアする方法を身に着ける
従業員のメンタル不調を防ぐ方法

💡ポイント

自己肯定感は、メンタルへルスにおいて非常に重要な要素です。同じ困難な出来事に直面しても、自己肯定感が高い人はそれを乗り越え、前進できる一方で、自己肯定感が低い人は、必要以上にストレスを感じて落ち込むことがあります。そのため、会社でメンタルへルス対策を行う場合には、社員の自己肯定感を高めていくことが重要になります。

自己肯定感が低い場合、メンタルへルス不調につながる可能性があります。当社の基礎検査では、これらの考え方の癖を計測し、人材育成や組織改善の参考値として活用することができます。

適性検査で人材育成

一般社員向けの基礎検査

当社の「基礎検査」では、ビジネスパーソンとして必要な基礎能力を『思考の癖』『社会人基礎力』『メンタルへルス』の3つに分けて測定いたします。

基礎検査の3つの要素
ビジネスパーソンとして必要な基礎力

基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • 思考の癖
  • 社会人基礎力
  • メンタルへルス など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。

「基礎検査」の特徴

Point1 正解が無い問題形式

基礎検査は、ストレスがかかるようなシチュエーションを想定した問題を出題し、その時の自身の行動や感じ方を選択肢の中から選んでもらいます。問題自体に正解や不正解という概念が無く、あくまでも感じ方や行動の中から思考の癖を測定する検査になるため、自分を良く見せる回答がしずらく、本来の特性を評価することができます。

Point2 厳選した結果帳票

「基礎検査」では、個々の考え方や行動パターンを分析し、メンタルへルス不調の予防や、働く上で重要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、思考の癖の改善に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

スマホ・PC・冊子のいずれかで受検いただきます。

スマホで受検可

STEP2

「評価シート」の配布

評価シートで得点と改善点を確認します。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖に向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート
お問合せボタン