ポジティブになる方法=リフレーミング

心理コラム

リフレーミングとは

リフレーミングのイメージ

リフレーミングとは、ある状況や出来事を新たな視点から考え直し、意味合いを変えることを指します。そうすることで、ネガディブな解釈をした場合でも、そこにポジティブな視点を加えることで、状況や出来事をポジティブに捉えるようになります。例えば、失敗を学びの機会と捉えることで、失敗をネガティブなものではなく、ポジティブなものとして捉えることができます。

リフレーミングの効果 3選

① ポジティブな視点を持つことができる

ネガティブな思考に陥ってしまった時、リフレーミングを行うことで、ポジティブな視点を持つことができます。例えば、予期せぬ出来事が起こった時、「運が悪い」と考える代わりに、「逆に面白い」「これはチャンスだ」と、リフレーミングすることで、ポジティブな視点で、新たな可能性や学びを見出すことができます。

② 自己肯定感を高める

自分に自信が持てない時、リフレーミングを行うことで自己肯定感を高めることができます。例えば、失敗を経験した時に「自分は能力が無い」と考える代わりに、「いい経験になった」「成長の機会だった」とリフレーミングすることで、自己肯定感を高めることができます。

③ 柔軟的な思考ができるようになる

考え方に偏りがあることは、「認知の歪みと呼ばれますが、リフレーミングを行うことで、柔軟に考えることができます。例えば、過去の失敗に固執している時、「失敗の中にいい点はなかったか?」とリフレーミングすることで、物事を柔軟に考えることができます。

リフレーミングのやり方 2選

① 前向きになる言葉に変換する

ネガティブな気持ちになった時に、前向きになる言葉に変換してみましょう。意識的に物事の受け取り方を変えるだけで、ネガティブな状況も、別の視点で見ることができます。また、無理にポジティブになろうする必要はありません。意識的に物事に対する視点を増やすことで、徐々にポジティブな捉え方も受け入れられるようになっていきます

ポジティブな言葉への変換例

① 困難な状況に対して

「めんどくさい」「自分には無理だ」 ➡ 「これはチャンスだ」

② 失敗した時

「もうだめだ」「自分はダメな人間だ」 ➡ 「学びの機会だった」「こういう時もある」

③ 怒られた時

「否定された」「上司から嫌われた」 ➡ 「上司から期待されている」「叱られているうちが華だ」「恥をかく前に言われて良かった」

④ 新しいことに挑戦する時…

「めんどくさい」「不安だ」 ➡ 「新しい経験をするチャンス」「どんなことがあるのか楽しみだ」

リフレーミングの目的は視点を増やすことにあります。初めはポジティブに考えることが難しいかもしれませんが、「そういう考えもあるな…」という程度で視点を広げてみてください!

② 紙に書く

メモ用紙

紙に書くことで、思考を視覚的に整理することができます。以下のステップを順番に実践することで、リフレーミングのスキルが向上していきます。

思考を整理するやり方

STEP1 ネガティブになった出来事を紙に書く

(例)上司に怒られた

STEP2 出来事があった時の感情を書く

(例)悲しくなった。逃げたいと思った。むかついた。

STEP3 上記の視点とは別の視点を考えて書く

(例)確かにここは自身のミスだった、次は気を付けよう。お客様の前でミスしなくて良かった。

STEP4 思考を定着させる

STEP2で書き出した自分の感じ方を否定せずに、STEP3で考えた新しい視点を再現性のある思考になるように、納得できる形で受け入れていきましょう。

リフレーミングは練習を重ねることで上達していきます。自身の感情や思考の変化を感じるまで、継続的に取り組んでみてください。

従業員のメンタル不調を防ぐ方法

メンタルへルス対策

リーダーシップ研修やフォロー研修などを導入する企業は増加していますが、メンタルへルスについては、未だ個人の裁量に任されている場合が多く、メンタルへルスに関する研修を導入する企業は少ないです。当社では、通信教材を通じて、メンタルへルスに関する知識を深める機会を提供しています。

定期配信ツールでメンタルへルス対策へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① ストレスについて

  • ストレスとは
  • セルフケアとは

② ストレス対処法について

  • ストレスへの対処法
  • ストレス耐性を向上させる
  • メンタル不調を感じたら

③ メンタル不調を理解する

  • うつ病とは
  • 適応障害とは
  • パニック障害とは
  • HSPとは

④ 周囲への働きかけについて

  • 周囲でメンタル不調者が出たら
  • うつ病の人にかけてはいけない言葉

「セルフケア能力の向上」と「メンタルへルスの知識」を身に着けることで、相互理解を促し、職場でのメンタルへルス不調を防ぐことができます。

毎月、メンタルへルスに関する情報を提供することで、

健康への意識を高めることができます。

01 年間を通じた運用が可能

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント教育、発達障害などの領域においてテーマを選択し、年間を通じた目標やゴールイメージを明確にします。

02 テンプレートから運用し予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

予算を最小限に抑えつつ、小規模な取り組みからスタートしたい企業様にとって適したソリューションです。

03 Webテストと組み合わせて、より効果的に活用可能

3方面からのアプローチ

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。