【サンドイッチ型】若手社員へのフィードバックのやり方

心理コラム

サンドイッチ型フィードバックとは

サンドイッチ型フィードバックとは、「ポジティブ→指摘→ポジティブ」の順番でフィードバックを行うことを指します。サンドイッチ型で行うことで、部下がフィードバックを受け入れやすくし、自分のやり方を改善することの抵抗感を減らすことができます。

具体的には、以下の順序でフィードバックを行います。

  • ポジティブなフィードバック:最初に、相手の良い点成功している点を具体的に伝えます。これにより、相手のモチベーションを高め、受け入れやすい雰囲気を作ります。
  • 改善が必要なフィードバック:次に、改善が必要な点問題点を具体的に指摘します。ここでは、具体的な例や状況を挙げながら、どのように改善すればよいかを伝えることが重要です。
  • ポジティブなフィードバック:最後に、再度ポジティブな言葉励ましの言葉を添えて、相手が改善に向けて前向きな気持ちを持てるようにします。

サンドイッチ型の具体例

STEP1:フィードバックを行う環境を整える

プライバシーが確保でき、落ち着いた環境でフィードバックを行うことが大切です。例えば、個室の会議室やオフィスでの1on1ミーティングなどに移動しましょう。

STEP2:ポジティブなフィードバックを伝える

部下にフィードバックの目的と、普段の努力を評価を伝えましょう。

【具体例】

  • 今日は、最近の仕事についてお互いの認識を合わせるために時間を設けました
  • まず、いつも提出物を期限内に提出してくれてありがとう。先月も作ってくれた資料を活用して会議を進めることができました

STEP3:改善点の指摘

具体的な事例を挙げることで、受け手は何を改善すべきか明確に理解することができます。ミスの具体的な内容、頻度、影響を伝えることが重要です。指摘した後は、フィードバックに対する部下の意見や感じていることを聞き、それに応じた支援策を提示しましょう。

【具体例】

  • ただ、最近の報告書のデータのミスが目立つようになっています。過去1ヶ月間で、5回、報告書にデータの誤りがあり、最近でいうと昨日の報告書で売り上げデータの誤りが見受けられました
  • このミスに対して何か思い当たることはありますか?ミスが発生する原因として思い当たることや、あなたの考えを聞かせてください
  • 報告書を提出する前に、全体を見直す時間を設けましょう。また疑問点があれば、私や他のメンバーに確認するように言ってください

STEP4:ポジティブなフィードバックで締めくくる

指摘をした後は、ポジティブなフィードバックで締めくくりましょう。具体的には、今後の期待とフォロー体制について伝えると効果的です。

【具体例】

  • フィードバックに真摯に向き合ってくれてありがとう
  • ミスを減らすことでミスをカバーする時間が減るので結果的に時間の削減になると思います
  • また一か月後に進捗を確認しましょう。それまでに何か問題があればいつでも相談してください

ポイント

サンドイッチ型を用いることで、部下にポジティブなフィードバックと改善点をバランスよく伝えつつ、モチベーションを保つことができます。ただ、改善点のみを伝えると部下は自分の努力が評価されていないと感じ、仕事へのやる気が低下する可能性があります。そのため、管理者は部下のマネジメント方法を学び、実践し、普段の指導に取り入れることが大切です。

当社の「通信教材」では、マネジメントに関する情報を毎月提供することで、管理職が定期的に学ぶ機会を提供することができます。

通信教材でマネジメント能力向上へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

学習コンテンツを毎月提供することで、学ぶ意欲を高めることができます。

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。