【褒める効果】社員を褒めることが大切な理由

心理コラム

社員を褒めることは、組織全体に多くのメリットをもたらします。ここでは褒めることが大切な理由を会社のメリット社員への効果の2つの観点から解説します。

社員を褒めることの会社のメリット

社員を褒めることで、組織全体に次のような効果が期待できます。

職場の雰囲気改善

褒めたり褒められたりすることが多い職場は、自然と明るく、前向きな雰囲気になります。職場の雰囲気が改善されることで、ストレスが減り、満足感が高まるといった効果が期待できます。

離職率の低下

社員が「自分の努力や成果が認められていない」と感じると、やる気を失い、最終的には退職を考えることもあります。そのため、社員の小さな努力や成果を褒めることで、社員の満足度が向上し、離職率を下げる効果が期待できます。

生産性の向上

上司からの承認は社員にとって大きな励みになります。褒められることで、部下が「自分の努力が評価されている」と感じ、仕事への意欲が高まることで、生産性の向上が期待できます。

褒めることによる社員への効果 4選

若手チーム

褒めることは、社員の内面にも多くの効果をもたらします。

1.望ましい行動の増加

望ましい行動をしたとき、褒められた社員は同じ行動を繰り返すようになります。そのため、褒めることで、社員が業務の正しい方方向性を理解し、望ましい行動を取れるようになり、業務の質の向上へとつながります。

※これをオペラント条件づけといいます。詳しくはこちら⇩

2.自己効力感の向上

社員を褒めることで、社員は自分の能力や努力が認められたと感じ、自己効力感が高まります。これにより、難しい課題にも積極的に挑戦する意欲を高めることができます。

※自己効力感とは、個人が自分の能力や行動に対する信念を指し、自分が問題を解決したり目標を達成できるという自身の過程を指します。

3.心理的安全性の向上

社員を褒めることで、心理的安全性が高まり、社員は上司に対して率直な意見やアイデアを伝えることができるようになります。これにより、職場の風通しが良くなり、イノベーションが生まれやすくなります。

4.モチベーションの向上

社員の小さな努力や進歩を見過ごし、「できて当然」と思われることが続くと、社員のモチベーションが低下する恐れがあります。そのため、社員に対して褒めることで、「あなたの努力はしっかり見てみます」というメッセージを送ることで社員のモチベーションを高めることができます。

褒めることに対する間違った認識

褒める目的は、社員が正しい方向に向かっていることを伝えることです。そのため、誰かと比較して褒める褒めたり、良い成果を上げた人にとして褒めたりするものではありません。重要なのは、社員の成長の過程で正しい方向に進んでいることを伝えることです。

間違った褒める目的

  • 周囲と比べてできているから褒める
  • 良い結果が出たから褒める
  • おだてるために褒める

正しい褒める目的

  • 過去の社員自身と比べて成長したから褒める
  • 結果が出ていなくても正しい方向性、過程のため褒める
  • 社員の成長を促すために褒める

ポイント

「部下のやる気を引き出す方法が分からない」「成果を出さないと褒められない」と感じる管理職の方も多いのではないでしょうか。しかし、褒めることは、既に優秀な社員に対するものではなく、むしろ社員の成長を促すための手段です。管理職として、積極的に社員を褒め、強いチーム作りを目指しましょう。

当社のマネジメント検査では、管理職の資質を測定し、人材育成や組織改善のヒントとして活用することができます。

管理職適性検査で人材育成

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性
マネジメント検査の帳票

検査項目

  1. 信頼関係構築能力
  2. リーダーシップ能力
  3. マネジメント能力 など

「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性に加え、リスクチェックを含めて可視化します。そして、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

郵送のメリット

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

主要コンテンツ

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査

ご利用の流れ

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。