【適性検査で人材育成】褒める正しいタイミング3選

心理コラム

部下を褒める正しいタイミング3選

3選

1.成果を出した直後

部下が目標を達成し、良い成果を出した直後に褒めることで、彼らの自信を高め、次回の仕事にも積極的に取り組むよう促すことができます。逆に「出来て当然」という姿勢で褒めずにいると、部下は成果に対する価値を見出せず、パフォーマンスが低下する恐れがあります。

2.過去の失敗を改善した時

部下が過去の失敗から学び、行動を改善した時に褒めることで、彼は成長しようとする姿勢が評価されたと感じ、さらに成長する意識を高めることができます。逆に改善したにもかかわらず褒めない場合、部下は努力が十分に評価されないと感じ、モチベーションの低下や自己成長への意欲を減退させる可能性があります。

3.努力の過程が見られた時

努力の過程が見られた時に社員を褒めることで、彼らの熱意や取り組みを認め、モチベーションを高めることができます。成果が目に見えない場合でも、その努力や姿勢を褒めることで、部下が取り組んでいる課題やプロジェクトに対する意欲を維持し、将来の成果につなげることができます。

すぐ実践できる!褒めるタイミング

1.日々の成果を褒める

優れた成果を出した場合 🌞

大規模なプロジェクトの成功にだけでなく、日々の些細な成果にも注目することが大切です。まずは日常の小さなことに焦点を当てて、褒め言葉を贈りましょう。

  • 「〇件受注したのはとても頑張りましたね」
  • 「プレゼンの声が大きくて聞きやすかったです」
  • 「〇〇さんの、ここがすごいと思う」
  • 「いつも頑張ってくれてありがとう」
  • 「いつも丁寧に仕事をしてくれてありがとう」
  • 「今後も期待しています」

成果が出ていないとき ☔ 

成果が出ていない場合でも、これまでの取り組みや努力を評価し、同時に改善すべき点や課題についても適切なフィードバックを行うことで成果の向上につなげることができます。

  • 「これまでの成果を見ると、とても頑張っていることが分かります」
  • 「ここまでやり遂げたことは素晴らしいです。今後も成果を上げてくれることを期待しています」

2.進捗を確認して褒める

順調に進んでいる場合 🌞

業務の進捗を確認する際は、確認だけでなく、部下の仕事ぶりを認め、褒めることが大切です。

  • 「おかげ様でプロジェクトが順調に進んでいます」
  • 「正確に進めてくれてありがとう」
  • 「〇〇さんに仕事を任せると安心感がある」
  • 「信頼して任せることができるよ」
  • 「今後も期待しています」

順調に進んでいない場合 ☔

これまでの取り組みや努力を評価するような肯定的な言葉をかけ、問題解決に向けて協力する姿勢を見せることで、部下のモチベーションを維持しながら、改善策を考えるための前向きな空気を作ることができます。

  • 「厳しい状況ですが、今までの取り組みは頑張ってくれていると感じています。更に改善するために何かアイデアがあれば是非共有してください」
  • 「これまでの取り組みにはとても感謝しています。この課題をクリアするために、どのようなサポートが必要が一緒に考えましょう」

3.指摘したことが改善された時に褒める

改善した時 🌞

  • 「前回伝えたことが修正されていて素晴らしいです」
  • 「前回の課題を忘れずに活かしてくれてありがとう」
  • 「前回のフィードバックを受け止め、改善しようとしてくれた努力が伝わります」

改善されていない時 ☔

  • 「まだ結果は出ていないけれど、改善のために行動してくれてありがとう」
  • 「まだ改善の余地が残っていますが、こちらはできかけているのでその調子で頑張ってください」

4.新しいアイデアを提案されたときに褒める

新しいアイディアを提案された場合 🌞

アイデアを出してくれたことに感謝をし、肯定的に評価しましょう。

  • 「〇〇さんのアイディアがとてもよかった」
  • 「いいアイデアですね。このアイデアを実現するためにサポートしますので一緒に考えましょう」
  • 「考えてくれてありがとう」

アイディアが微妙だった場合 ☔

微妙なアイデアだと感じた場合でも、肯定的な言葉をかけながらフィードバックを行うことが大切です。

  • 「このアイデアは興味深いです。どのようなメリットがあるか、もう少し深堀して教えてもらえますか?」
  • 「このアイデアは新しいですね。すべてのアイディアを導入することは難しいですが、この部分なら組み込むことができるかもしれません」

部下のモチベーションを高めるには、普段から褒めることを心がけることが大切です。当社のマネジメント検査では、管理職の資質を測定し、人材育成や組織改善のヒントとして活用することができます。

適性検査で人材育成

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。