管理職にしてはいけない人材の特徴5選

心理コラムタイトル

以下のような特徴や性質は管理職になってしまうと、マネジメントを妨げる要因となるため注意をしましょう。

管理職にしてはいけない人材の特徴5選

① エンゲージメントが極端に低い

エンゲージメントとは、従業員の企業に対する愛着心や貢献意欲を指します。エンゲージメントが高まると、従業員は積極的に業務に取り組み、モチベーション、生産性の向上や離職率の低下などのプラスの影響をもたらします。ところが、管理職のエンゲージメントが低いと、チーム全体のエンゲージメントの低下を引き起こし、離職率の上昇などマイナスの影響が生じやすくなります。

エンゲージメントが低い管理職の特徴

  • やる気のない態度を示す
  • ネガティブな発言が多い
  • 企業のビジョンや目指す方向性を理解しない
  • 仲間意識が薄く、チームプレイを重視しない

② 問題行動のリスクが高い

乱暴な言葉づかいで叱る上司

パワーハラスメントとは、職場での優位性や権力を利用して、業務の適正な範囲を超えた叱責や嫌がらせなどをすることを指します。多くの場合、パワーハラスメントをしている本人は無自覚なことが多く、「相手の成長を思ってあえて厳しく指導した」「指導の一環である」と主張することが珍しくありません。パワーハラスメントが存在する場合、チームの士気が下がり、従業員のメンタルヘルスや労働環境に悪影響を及ぼす可能性があります。

パワーハラスメントの具体例

  • 仕事を与えず無視をする
  • 「日本語分かる?」「無能」「時間の無駄」といった侮辱的な発言
  • 「迷惑だから何もしないでくれ」といった社員を放置するような発言

パワーハラスメントは、「精神的な攻撃」が一番多いと言われています。

③ 「社員の育成」に興味がない

管理職の仕事は、「業績管理」だけでなく、「社員の育成」も業務のひとつです。そのため、社員の育成を面倒だと感じている管理職は社員の成長を促すことが難しい傾向があります。しかし、一方で「社員の育成」に関心が無い管理職は、プレイヤーとしては優秀な人が多いです。しかし、それだけでは優秀なメンバーが退職するリスクが高まるため、管理職にしてはいけない人の特徴に入ります。

「社員の育成」に興味が無い管理職の特徴

  • 部下の成長よりも、自分の業績や目標達成を優先する
  • 部下との接し方が分からず、様子見するつもりが放置してしまう
  • 部下の質問に対し回答せず、自慢話にすり替わる
  • 部下の要望やスキルレベルを考慮せず、一方的な指示や経験談を押し付ける

④ 自分の都合優先の判断基準をする

自己都合の判断を優先し、メンバーやチームのニーズを無視、二の次にするような判断基準を持つ管理職は、メンバーからの反発を招き、チームのエンゲージメントやモチベーションの低下につながる可能性があります。

自分の都合優先の判断基準を持つ管理職の特徴

  • 部下の意見を聞かず、自分の都合を優先して判断する
  • 管理職の上司に自分を良く見せようと振舞う
  • 部下よりも自分が頑張ったことを評価する
  • 部下よりも自分を褒めてほしいという欲が強い

⑤ 管理職になりたいと思っていない

管理職になりたいと思わずに管理職になった場合、責任を放棄した態度で仕事をする可能性があります。また年功序列による昇進で管理職になった場合、自らの意思や覚悟に欠けることがあり、それを見たメンバーが、「この管理職にはついていけない」と感じ、組織全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

責任を放棄した管理職の特徴

  • 責任を負うことに消極的
  • 面倒な仕事から逃げたいと思っている
  • 管理職になりたくないと思っている

当社のマネジメント検査では、管理職の資質を測定し、人材育成や組織改善のヒントとして活用することができます。

管理職適性検査のご紹介

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。