パワーハラスメントのグレーゾーンの判断基準

心理コラム

パワーハラスメントとは

パワーハラスメントのグレーゾーンの判断基準を理解するためには定義を確認する必要があります。詳しいご説明は以下のコラムでご確認ください。

パワーハラスメント定義について詳しくはこちら↑

パワーハラスメントの3要件

パワーハラスメントに該当する行為は、以下の3要件を全て満たすものになります。

  1. 職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって
  2. 業務上必要以上かつ相当な範囲を超えたものにより
  3. その雇用する労働者の就業環境が害されること

パワーハラスメントの6つの行為類型

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な共有
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

特にグレーゾーンなり判断が難しいのは「精神的な攻撃」です。この基準を理解していないと、無意識にパワーハラスメント行為を行ってしまう可能性が高まります。

パワーハラスメントの判断基準

パワーハラスメントにおける「精神的な攻撃」とは、職場での地位や権限を利用して、従業員に精神的な苦痛を与える行為を指します。しかし、精神的な攻撃は個人の捉え方に依存する部分が大きいため、判断が難しい場合も多くあります。以下に、判断基準と具体例ををご紹介します。

1. 「精神的な攻撃」として認定される行為

「精神的な攻撃」には、次のような行為が含まれます:

  • 侮辱や名誉毀損:人格を否定するような言葉や態度
  • 無視や孤立化:集団での無視や業務からの排除
  • 過度な叱責や説教:公の場での過度な叱責、繰り返しの説教
  • 不当な評価や待遇:業績に見合わない不当な評価や待遇の悪化

2. 論点となるポイント

「精神的な攻撃」と判断する際に、重要なポイントは次の通りです。以下の該当する場合、パワーハラスメントと認定される可能性が高まります。

  • 頻度:一度限りの出来事よりも、継続的に行われる行為
  • 時間:短い時間よりも、長時間続けられる行為
  • 場所:公の場や多数の人がいる前で行われる行為
  • 意図:相手を傷つける意図があった場合
  • 影響:被害者が次のような状態に陥った場合
    • 精神的な健康問題に悪影響が出た場合
    • ストレスから身体的な不調や病気になった場合
    • 休職や退職せざるを得ない状況になった場合
    • パフォーマンスの低下やモチベーションの喪失した場合
  • 第三者の視点:客観的に見ても不適切と感じられる行為

侮辱や名誉棄損の具体例と判断基準

侮辱や名誉棄損について、どのような基準で判断されるかを理解することはとても重要です。以下に具体例と判断基準をご紹介します。

侮辱とは

侮辱とは、他人に対して軽蔑や嘲笑の意図を持って言葉や行動をすることで、その人の尊厳や自尊心を傷つける行為です。具体例としては以下のようなものがあります。

  • 使えない奴だな:部下の能力や価値を否定する言葉
  • こんな簡単なこともできないの?:部下を軽蔑するような言い方
  • お前、本当にバカじゃないのか?:露骨に人格を侮辱する言葉
  • どうしようもない奴だな:その人の存在自体を否定するような発言
  • お前のせいでみんな迷惑してる:個人を特定して非難する言葉

名誉棄損とは

名誉毀損は、事実であるかどうかにかかわらず、他人の社会的評価を低下させるような言動を指します。具体例としては以下のようなものがあります。

  • あの人はミスばかりしている:特定の人物を指して業務能力を低く評価する発言
  • あの人はプロジェクトを何度も失敗させている:過去の失敗を誇張して広める行為
  • あの人は業務時間中にサボってばかりいる:根拠のない非難や噂を広める行為

ポイント

精神的な攻撃がパワハラと認定されるかどうかは、複数の要素を総合的に判断して決定されます。管理職としては、これらの基準を理解し、部下への対応に際して慎重になることが重要です。また、日頃から部下とのコミュニケーションを密にし、フィードバックを受け取る姿勢を持つことで、パワハラのリスクを減少させることができます。

当社の「マネジメント検査」は、リーダーシップ能力や、無自覚なパワーハラスメントに焦点を当てた項目を測定し、受検後には振り返りシートを配布することで社員の自己啓発を促します。

マネジメント検査のご紹介

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性
マネジメント検査の帳票

検査項目

  1. 信頼関係構築能力
  2. リーダーシップ能力
  3. マネジメント能力
  4. リスクチェック など

「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート