パワハラの具体例とパワハラ防止策

パワハラの定義と具体的な行為について

パワハラの定義

パワーハラスメントは、職場において地位や権限を利用して他人に対して行われる精神的・身体的な嫌がらせやいじめ行為を指します。パワハラは、職場の人間関係を悪化させ、労働者の健康や意欲を損なう重大な問題です。

厚生労働省によると、パワハラは以下のように定義されています:

  • 優越的な関係を背景とした言動:上司や先輩などが、職務上の地位や権限を背景にして行う言動
  • 業務の適正な範囲を超えたもの:職務遂行の範囲を超えた、もしくはその手段が不適切な言動
  • 労働者の就業環境を害するもの:労働者に精神的・身体的な苦痛を与え、就業環境を悪化させるもの
パワーハラスメントの定義について詳しくはこちら↑

具体的なパワハラ行為

パワハラの具体的な行為は多岐にわたり、次のような例があります

1. 身体的な攻撃

  • 暴力や暴言、物を投げつける
  • 力づくで労働者に対して攻撃的な行動を取る。
  • 強制的に運動させる、重いものを持たせる

2. 精神的な攻撃

  • 大声での叱責や侮辱、人格否定
  • 他の従業員の前で過度に非難する
  • 不適切なニックネームをつける

3. 人間関係からの切り離し

  • 無視や孤立させる
  • 会議や打ち合わせに参加させない
  • メールや情報共有を意図的に除外する

4. 過大な要求

  • 明らかに実現不可能なノルマを課す
  • 過剰な残業を強要する

5. 過小な要求

  • 本来の職務内容とは関係のない単純作業のみを命じる
  • 簡単すぎる仕事ばかりを与える
  • 仕事を与えない、役割や責任を奪う

6. 個の侵害

  • プライベートな時間や生活に干渉する
  • 個人情報を他者に漏らす

パワハラの防止と対策

パワハラの防止と対策には、以下のような取り組みが必要です。

1.明確なポリシーの策定と周知

パワハラの定義を具体的に示し、どのような行為がパワハラに該当するかを明確にし、全社員に周知することが大切です。パワハラの具体的な行動をリストアップし、そして、全社員が守るべき行動規範を設定し、これに違反した場合の処罰や対応策を明記することも効果的です。

2.教育、研修の実施

新たに管理職に昇進した社員に対して、パワハラの定義、具体例、及び防止策についての研修を実施することが大切です。また、定期的に管理職向けの研修を行い、最新の事例や情報を提供することも効果的です。当社の『管理職向け』通信教材では、人材マネジメントに関する情報を毎月提供することで、管理職が定期的に学ぶ機会を提供することができます。

『管理職向け』通信教材

人材マネジメントに特化したスキルを学べるコンテンツを提供しています

【コンテンツ内容】

  • 管理職の役割について
  • コーチングについて
  • パワーハラスメントについて
  • アンガーマネジメントについて 

多数のコンテンツを提供中!

3.定期的な職場環境の評価

半年ごとや年度末に全社員を対象とした職場環境に関するアンケートを行うことが大切です。当社の『従業員の働く満足度調査』では、従業員のメンタルへルスや働く満足度を分析し、部門や地域ごとの課題を明確にし、具体的な改善案を立てることができます。

『従業員の働く満足度調査』

離職予防、メンタル不調予防、職場の心理的安全性チェックなどに活用可能です

従業員の働く満足度調査

【検査項目】

  • 仕事の満足度
  • 人間関係の満足度
  • 個人の資質(ストレス状態)
  • 職場改善案

まとめ

パワハラは職場環境を悪化させ、労働者の心身に重大な影響を及ぼす深刻な問題です。組織としての明確な方針と具体的な対策を講じ、全ての従業員が安心して働ける環境を作ることが重要です。そして、パワハラ防止策は一過性の取り組みではなく、継続的かつ体系的に行うことが大切です。

マネジメント検査のご紹介

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性
マネジメント検査の帳票

検査項目

  1. 信頼関係構築能力
  2. リーダーシップ能力
  3. マネジメント能力
  4. リスクチェック など

「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート