職場のチクチク言葉10選

心理コラム

職場では時に、何気ない一言が相手に大きなストレスや傷を与えることがあります。それが「チクチク言葉」です。今今回は、特に注意が必要な「チクチク言葉」を10選ご紹介します。

職場のチクチク言葉 10選

①そんなことも分からないの?

この言葉は、特に新入社員やまだ経験の浅いスタッフがミスをした時や質問をした際によく使われます。言う本人は、「こんな簡単なことも知らないの?」という驚きや苛立ちを表現していることが多いです。しかし、言われた側は「自分はダメなんだ」「基本的なこともできないんだ」と自己否定的になりがちです。

【言い換え】

「これについて説明してもらえる?」「どうしてこうなったのか一緒に考えよう」

②これくらいできて当然だよ?

この言葉は、特に業務の進捗確認や成果物のチェックの際に使われます。言う側は、自分の基準を相手に押し付ける意図があり、相手の努力を評価しない態度が垣間見えます。言われた側は、自分の努力が無駄だと感じることが多いです。

【言い換え】

「お疲れ様」「いつもありがとう」といった感謝や前向きなフィードバックを心がけましょう。

③また間違えたの?

この言葉は、同じミスが繰り返された時によく使われます。言う側は、「どうして改善されないのか」という苛立ちを表現しています。しかし、言われた側は、自分が役に立たない存在だと感じることが多いです。

【言い換え】

「次はどうしたら良いか一緒に考えよう」といった建設的な提案が効果的です。

④やる気あるの?

この言葉は、仕事の進捗が遅い時や集中力が欠けていると感じた時に使われます。言う側は、相手のやる気がモチベーションが低いと感じていることが多いです。しかし、言われた側は、自己否定や無力感を抱くことが多いです。

【言い換え】

「どうしたの?」「大丈夫?」「どうすればもっとスムーズに進められるか考えよう」といったサポートの意図を持つ言葉に変えると良いでしょう。

⑤こんなの簡単だよ

この言葉は、簡単な作業を依頼する際や、業務の進行が遅いと感じた時に使われます。言う側は、相手の能力を低く見積もっている傾向があります。言われた側は、自分の努力が評価されないと感じることが多いです。

【言い換え】

ここはこうするともっと効率的だよ」といった具体的なアドバイスを心がけましょう。

⑥どうしてこんなことになったの?

この言葉は、問題が発生した際の原因追及の場面で使われます。言う側は、責任の所在を明確にしようとする意図がありますが、言われた側は自分が責められていると感じることが多いです。

【言い換え】

「この問題をどう解決するか一緒に考えよう」といった前向きなアプローチが望ましいです。

⑦前の人はもっと上手だったよ

この言葉は、新しいスタッフや役職に就いたばかりの人への比較として使われます。言う側は、過去の基準を持ち出してプレッシャーをかける意図があります。言われた側は、自信を失いがちです。

【言い換え】

「〇〇がよくできているから、そこを伸ばしていこう」といった励ましの言葉が有効です。

⑧この前教えたよね?聞いてなかったの?

この言葉は、以前に指導した内容について再度質問された時に使われがちです。言う側は、「どうして覚えていないのか」という苛立ちや失望を感じていることが多いです。しかし、言われた側は、自分が不注意であるとか、学習能力が低いと感じることがあります。

【言い換え】

「分からなかったらいつでも聞いて大丈夫だからね」「ついでにメモとっちゃおうか」と、柔らかい言い方で伝えると相手もリラックスして学び直すことができます。

⑨何度言えばわかるの

この言葉は、繰り返しの指導や注意をした際に使われます。言う側は、苛立ちや焦りを感じていることが多いです。しかし、言われた側は、自分が理解力のない存在だと感じることが多いです。

【言い換え】

「もう一度ポイントを確認しよう」といった冷静なアプローチが効果的です。

⑩こんな失敗する人は初めてだ

この言葉は、ミスや想定外の失敗が起こった時に使われます。言う側は、「こんなことが起こるなんて信じられない」という驚きや失望を表現しています。しかし、言われた側は、自分が特別に能力が低いと感じてしまい、自信を失うことが多いです。

【言い換え】

「失敗は誰にでもあるよ」「次繰り返さなければ大丈夫」と前向きな言葉をかけると効果的です。

チクチク言葉の改善方法

  1. 共感を持つ:相手の立場や感じ方を理解しようと努めることで、傷つける言葉を避けることができます。
  2. 具体的なフィードバックをする:抽象的な批判ではなく、具体的な改善点を伝えることで、相手が理解しやすくなります。
  3. ポジティブな言葉を使う:批判的な言葉ではなく、励ましや感謝の言葉を意識的に使うことで、より良いコミュニケーションが取れます。

ポイント

職場でのコミュニケーションは、何気ない一言が相手に大きな影響を与えることがあります。チクチク言葉を避け、相手の努力や気持ちを尊重する言葉を選ぶことで、より良い職場環境を築くことができます。自分の言葉が相手にどのような影響を与えるかを常に考え、建設的で前向きなコミュニケーションを心がけましょう。

当社の「マネジメント検査」は、リーダーシップ能力や、無自覚なパワーハラスメントに焦点を当てた項目を測定し、受検後には振り返りシートを配布することで社員の自己啓発を促します。

マネジメント検査のご紹介

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性
マネジメント検査の帳票

検査項目

  1. 信頼関係構築能力
  2. リーダーシップ能力
  3. マネジメント能力
  4. リスクチェック など

「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート