季節の変わり目でだるくなる?季節性うつの症状・要因・対策について

心理コラムタイトル

季節性感情障害(SAD)とは、季節の変わり目に起きやすいうつ病の一種で、特に日照時間が短くなる秋や冬に表れることから「季節性うつ」と呼ばれています。多くの場合、日照時間が短くなる10月~11月ごろに発症し、3月ごろに日照時間が長くなるとともに回復する傾向があります。

季節性うつの症状

  • 気分が落ち込みやすくなる
  • なんとなく悲しい
  • 疲れを感じやすくなる
  • 今までは楽しめていたことが楽しみを感じられなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 過眠になる(寝ても眠い)

落ち込む人

季節性うつの要因

季節性うつの主な要因は日照時間不足だと言われています。特に現代では在宅ワークや、おうち時間といった屋内で過ごすことが増えたため、季節性うつにかかる人が増えてきています。意識的に1~2時間程度、日光に当たる時間を増やすことが季節性うつの予防や改善に役立つことが知られています。

自社製品の宣伝

季節性うつの対策

日光に当たる

日光に当たることで幸せホルモンとして知られるセロトニンが分泌されます。またセロトニンは、眠気を生じさせるホルモンであるメラトニンの材料となり、朝に日光を浴びてから14~16時間後にメラトニンが体内に分泌され眠気を生じることになります。朝、起床後日光をしっかり浴びることで、幸せを感じやすい状態となり、かつ睡眠条件を整えることができます。

朝日を浴びる人

栄養バランスの良い食事をとる

季節性うつには食欲がなくなる、または過食になることがあります。食べる量が極端に増えたり減ったりすると、身体の健康のみならず心の健康にも悪影響を及ぼします。バランスの良い食事を心がけましょう。

バランスの良い食事をとる人

うつになりやすい季節

季節性うつは秋から冬にかけて多いとお伝えしましたが、一方で春から梅雨にかけてうつになりやすい人もいます。

    • 仕事や学校などの環境の変化で緊張状態になりやすい
    • 一日の寒暖差が激しく自律神経が乱れる
  • 梅雨
    • 湿度が高まり不快感の増加
    • 乱高下する気圧の変化による自律神経の乱れ
    • 日照時間の減少によるセロトニンの分泌量減少
    • 体内の水分やミネラル不足に伴う脱水症状
    • 暑さとエアコンの冷えの繰り返しによる自律神経の乱れ
    • 冷房の当たりすぎによる睡眠リズムの崩れ
従業員のメンタル不調を防ぐ方法

従業員の健康管理チェックツールのご紹介

従業員の働く満足度調査

うつになりやすい時期は年間を通して存在するため、社員の健康管理は定期的に行うことが重要です。当社Tell Toolでは社員の仕事負担人間関係ストレス心理的安全性などを測定することができる働く従業員の満足度調査を提供しています。


従業員の働く満足度調査

満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!

活用の流れ

従業員の働く満足度調査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身のメンタル状況を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

5分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で個人のメンタル状況を把握することができます。

従業員の働く満足度調査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

セルフケアの基礎を学ぶことができます。

従業員満足度調査後の改善Book
振り返りシート

企業様は、離職傾向のチェックメンタルへルスチェックに活用いただける一方で、従業員様は、メンタルへルスの重要性について学ぶことができ、両者にとって利点のある製品となっています。

お問合せボタン