最近の若者は本当に主体性が無いのだろうか?

心理コラムタイトル

最近の若者に対して「主体性が無い」というイメージを持っていませんか?

これは、上司・先輩が求める「主体性」と若者の「考え」にずれが生じることで、若者は彼らの不満を感じ取り、自信を失い、「主体的」に行動することができなくなっていると考えられます。

組織が求める「主体性」とは

主体性」とは、自らの意思や価値観に基づいて行動する能力や態度を指します。「主体性」を持った人は、問題解決能力が高い傾向があり、与えられた状況に対して自ら考え、行動することができます。そのため、組織は「主体性」を持った社員を求める傾向にあります。

しかし、一方で新入社員に対して「主体性」を期待することは現実的ではありません。

新入社員に「主体性」を求めるべきでない理由

経験不足

私たちが働く中で、無意識に把握している暗黙のプロセスや手順、方法などが存在します。しかし、新入社員はそれらの知識が無く、「主体的」に考え、判断し、行動することが難しい状態です。そのため、新入社員に対しては「主体性」を求めるべきではありません。

新入社員は「主体性」を発揮しようとしても、「知らないこと」「分からないこと」「できないこと」が多すぎて、先輩を手伝いたいと思っても、うまく介入することができず、「主体性」を発揮できない状況になっています。

最近の若者は、「失敗してもいいから挑戦する」よりも、「迷惑かけないために何もせずにいる」ことを選ぶ傾向があることも影響しています。

「主体性」を求めるがゆえに起きるすれ違い

組織が求める「主体性」

行動的な人
  • 指示待ちではなく自ら考えて行動してほしい
  • 電話が鳴ったら一番に取ってほしい
  • 分からないことがあれば積極的に質問しに来てほしい
  • 怒られてもめげずにくらいついてほしい  など

「主体性」=「暗黙の期待」

⇒「自身が期待する役割や業務を汲み取り、自ら考えて行動してほしい」という暗黙の期待が込められています

若者の「考え」

言いづらいと感じる人

  • 分からないことを聞きたいけど、先輩や上司は忙しそうで聞きづらい
  • 無知な自分が電話に出てクレームになり迷惑をかけるかもしれない
  • 質問した際、「自分で考えて」と言われ、質問に答えてくれなかった
  • 質問した際、怒られて理不尽な思いをした

自信の喪失

⇒若者は、質問がしづらい雰囲気を感じていたり、質問した結果、怒られたり嫌な思いをすることで自信を失い「主体的」に行動できなくなる傾向があります。

「主体性」が生まれる瞬間

褒められて自信を持つ人

「主体性」が発揮されにくい新入社員ですが、三か月、半年たっても、「主体性」が発揮されない人もいます。その場合は、働く中でターニングポイントど出会う必要があります。以下のような瞬間がターニングポイントとなります。

  • 目標を達成できた時
  • 成果を出せた時
  • 誰かに褒められた時
  • 自分の行動で誰かが喜んでくれた時
  • 誰かに好かれた時  など

「主体性」を高める方法

小さな目標を設定する

小さな目標を設定することで、達成感や自信を得やすくなります。

  • 毎日15分自社製品の勉強をする
  • 会議で1回以上発言をする
  • 週〇件の顧客とコンタクトを取る  など

小さな成果でほめる

小さな成果でほめることで、若手社員は自分の努力が認められたと感じることができ、仕事に対する意欲や取り組み方が変わっていきます。そして、小さな成功体験が、さらなる挑戦へとつながり、相乗効果が期待できます。

  • 部下が仕事で工夫していることを褒める
  • できなかったことができるようになったときに褒める
  • 普段きっちりやっていることについて褒める  など
従業員のメンタル不調を防ぐ方法

通信教材で人材育成

上司の些細な一言で、部下のモチベーションを奪ったり、逆に引き出すことがあります。思っている以上に、上司の言動は部下に影響を与えるのです。部下のモチベーションが低下すると、部下の持ち味も薄れてしまいます。そのため、マネジメント層が人材育成の知識を持ち、実践していくことが重要です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。