若手社員の悩みと支援策について|社員の悩みを把握するツールの紹介

心理コラム

若手社員の悩みあるある

  1. 人間関係の悩み
  2. 仕事の悩み
  3. ワークライフバランスの悩み
  4. 将来の不安

① 人間関係の悩み

孤立する人

若手社員が抱える悩みとして、人間関係の悩みがあります。具体的には以下のような状況でストレスを感じています。

  • 上司や先輩に毎日叱責される
  • 職場の雰囲気が悪い
  • 職場で気楽に話せる人がいない
  • 質問をすると「自分で考えなさい」と突き返される

職場の人間関係で問題を抱えている場合、仕事のパフォーマンスの低下や、早期離職へとつながる可能性が高まります。また、これらの課題は本人だけでは解決が難しく、解決に向けた具体的な支援が必要です。

② 仕事の悩み

パニックになる人

若手社員が抱える悩みとして、仕事の悩みがあります。具体的には以下のような状況でストレスを感じています。

  • 仕事がなかなか覚えられない
  • 仕事にやりがいを感じない
  • ノルマや目標が重い
  • 仕事の優先順位がつけられずパニックになる

若手社員は仕事で葛藤を経験することがあり、これを克服することでさらなる成長が期待されます。しかし、周囲からの十分な支援が得られないと、これを乗り越えることが難しくなり、結果として離職やメンタルへルスの不調につながる可能性があります。

③ ワークライフバランスの悩み

ストレスがかかっている人

若手社員が抱える悩みとして、ワークライフバランスの悩みがあります。具体的には以下のような状況でストレスを感じています。

  • 残業が多い
  • 生活が不規則になる
  • 通勤時間が長い

通常は、疲れている際は休息や休暇を取る判断ができるはずですが、残業時間が増え、疲労が蓄積すると、仕事以外のことを考える余裕がなくなることがあります。そのため、身体や心が疲れ切る前に、周囲が気づき、支援をすることが大切です。

④ 将来の不安

若手社員が抱える悩みとして、将来の不安があります。具体的には以下のような状況でストレスを感じています。

  1. 給料が低い
  2. 会社の経営が不安定
  3. 単純作業ばかりでスキルアップの見込みがない

現代の経済状況やグローバル化の進展により、長期的な雇用保障を確保することが難しくなり、将来に対する不安が高まっています。そのため、この不安に気づき、適切な支援が必要です。

職場でできる支援策について

① 人間関係の悩みに対する支援

職場の人間関係には相性があり、合う・合わないがどうしても生じてしまいます。そのため、若手社員自身、人間関係を円滑に築くための最低限のスキルを身に着けることが大切です。しかし、人間関係の悩みは本人だけで解決することが難しく、上司や管理職が間に入り、支援をする必要があります。

  1. ちょっとした褒めをたくさん行う
  2. 若者の居場所を作る
  3. 正しい叱り方をする

ちょっとした褒めをたくさん行う

褒める時には、大げさに褒める必要はありません。ちょっとした褒めや、ちょっとした感謝を数多く行うだけで、効果は十分に発揮されます。

若者の居場所を作る

また、若者はSNSを通じて自身の投稿に「いいね!」をもらうことに慣れているため、自身の行動に対して何らかのアクションがないと、不安を感じる傾向があります。そのため、若手が安心感を得られるようにするには、「自分は承認とされている」という感覚を感じてもらう必要があります。そのためには、上司から積極的に声をかけることや、声をかける時には名前を呼ぶなどが効果的です。

正しい叱り方をする

間違った叱り方をしてしまうと、社員と信頼関係が築けず、人間関係が悪化する要因となります。正しい叱り方を心がけることが大切です。

② 仕事の悩みに対する支援

新しい仕事やタスクに取り組む際には、一度に多くのことを求めず、段階的にスキルを磨いていくことが大切です。目標設定を見直したり、優先順位のつけ方を学ぶことで、徐々に自身の成長を実感できるようになります。

③ ワークライフバランスの悩みに対する支援

通常は、疲れている際は休息や休暇を取る判断ができるはずですが、残業時間が増え、疲労が蓄積すると、仕事以外のことを考える余裕がなくなることがあります。そのため、身体や心が疲れ切る前に、周囲に相談できる体制を作ることが大切です。

従業員の働く満足度調査

従業員の働く満足度調査」では以下の項目を測定することができます。

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

④ 将来の不安に対する支援

将来が不安な場合は、新しいスキルや資格を取得することでキャリアアップの機会を増やすことを検討しましょう。また、最近では副業を解禁している企業も増えているため、副業を行うことも検討するとよいでしょう。

社員の悩みを把握するツールのご紹介

社員は個々に様々な悩みを抱えていますが、彼らの悩みを聞き出す前に離職やメンタル不調、休職といったケースが生じることがあります。

また、悩みを相談するための適切な人間関係が築かれていないため、社員自身が上司に相談をしたくないと感じ、秘密裏に転職活動を行うケースもあります。そのため、社員の悩みを定期的に把握し、適切なサポートを提供する必要があります。

当社の従業員の働く満足度調査では、人間関係の悩み、仕事の悩み、ワークライフバランスの悩み、将来の悩みを計測することが可能です。

従業員の働く満足度調査

環境チェック

満足度調査の帳票
  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!


活用の流れ

従業員の働く満足度調査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身のメンタル状況を把握した後、研修用の振り返りBookを用いて自己啓発を行うことができます。

検査の使い方

このようなお悩みを抱えた企業様向けの製品です

  • メンタル不調者が増えている
  • 早期離職者が増えている
  • 職場の雰囲気がピリピリしている
  • 人間関係が悪い

また、従業員の働く満足度調査の他に、

以下の2つの検査をご用意しております。

  1. マネジメント検査(管理職向け)
  2. 基礎検査(一般社員向け)

マネジメント検査

管理職・中堅社員向け

マネジメント検査の帳票
  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • リスク傾向 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


基礎検査

一般社員向け

基礎検査の帳票
  • コミュニケーション能力
  • 責任感・誠実性
  • ストレス耐性 など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。


職場の人材課題は社員の資質だけでもなく、管理職の資質だけでもなく、仕事の量/質だけでもなく、3つの要素が複雑に絡み合い、問題が顕在化します。そこで、当社の3つの検査によって社員一人一人が、当事者意識をもって、改善のための行動をとることが可能です。

3方面からのアプローチ

活用の流れ

マネジメント検査の使い方

お問合せボタン