離職防止に効果的な研修テーマ3選|離職防止ツールの紹介

心理コラム

離職防止をする上で考えるべきこと

近年、企業環境は急速に変化しており、従業員の離職防止がますます困難になっています。人材の流動性が高まる中で、組織は離職率の低減に真剣に取り組む必要があります。

こうした状況を踏まえ、離職防止に効果的な研修テーマについて考えてみましょう。

研修で必要なこと

離職防止の取り組みとして、残業時間の短縮、ワークライフバランスの向上、相談窓口の設置などの組織改編を含むようなマクロ的な取り組みも大切ですが、社員の行動や意識を変えるなどのミクロの視点も大切です。

そして、ミクロの視点では大きく分けて、一般社員のセルフケア向上既存社員の意識改革に焦点を当てることができます。

離職防止に効果的な研修テーマ 3選

一般社員のセルフケア向上と既存社員の意識改革の観点から離職防止に効果的な研修テーマ3選をご紹介します。

  1. セルフケア研修
  2. マネジメント研修
  3. チームビルディング研修

① セルフケア研修

通常、働くうえで多少の苦労やストレスつきものですが、それに順応することで新しい環境に適応していきます。しかし、自身のストレス管理能力や個人の資質によって新しい環境に適応できず、心身の不調が現れることがあります。

このような場合、社員自身がストレスへの対処法やストレス解消法を学ぶことが重要です。ストレス管理能力の向上によって、メンタル不調の予防や解消が可能となり、生産性の向上にもつながります。

セルフケアに関するおすすめコラム

曖昧さ耐性が低い人はメンタル不調になりやすい?
あいまいな状況に耐性が無い人

曖昧さ耐性とは、曖昧な状況に対してどの程度寛容であるかを指します。具体的には、曖昧な状況を楽しめる、良しとする考え方で、事実や理由、正解などをすぐに明らかにしようとせず、不確実さの中にいられる能力を指します。

ストレス耐性が低い人の特徴
一日中ミスを引きずる男性

他人からの言動や批判に対して敏感に反応してしまう傾向があります。また、怒られた出来事を心の中で反芻して負の感情を肥大化させてしまったり、過剰に自己反省をしてしまい、ストレスを感じやすい傾向があります。

② マネジメント研修

社員の離職には、管理職のマネジメントスキル不足が一因となることがあります。具体的な例としては、「部下が落ち込んでいる時に、励まさずに叱責してしまう」「社員が仕事でクレームを抱えているにも関わらず手助けをしない」「社員の育成自体に興味が無い」といったケースが挙げられます。

こうした場合、リーダーの資質に問題がある可能性があるため、リーダーシップの資質を開発し、部下をサポートするためのスキルを磨くことは、社員の満足度やパフォーマンス向上につながります。

マネジメントに関するおすすめコラム

管理職のあるべき姿とは?部下との関係性をよくする方法
面倒見がよい先輩

管理職は仕事の指示を出すだけでなく、部下をマネジメントし能力を最大限に引き出す役割を果たす必要があります。本コラムでは、管理職のあるべき姿についてご紹介いたします。

部下から相談を受けた時の正しい対応方法について
良い上司

部下から相談を受けた場合、部下は答えを求めている場合と、気持ちを理解してほしい場合とがあります。的確に対応するためには、まず部下の話に注意深く耳を傾け、相談の目的や要望を確認することが重要です。

③ チームビルディング研修

握手する上司と部下

チームビルディングが不足していると、不適切なコミュニケーションが発生し、人間関係のトラブルが引き起こされる可能性があります。

以下のような社員の姿勢は、社内の人間関係の悪化の要因となります。

  • 新入社員が入社しても既存社員は誰も気にかけない
  • 仕事で困っている人いても気にかけない
  • 容量が悪い人に対してあたりがキツイ

コミュニケーションの大切さを理解し、効果的なコミュニケーションスキルの習得することは、職場環境を改善し、信頼関係や協力関係を築くために重要です。

離職防止ツールについて

社員の離職は組織にとってコストや労力の面で大きな負担をもたらします。社員の離職を防ぐためには、適切な研修プログラムを通じて職場環境を改善する必要があります。


このようなお悩みを抱えた企業様向けの製品です

  • メンタル不調者が増えている
  • 早期離職者が増えている
  • 職場の雰囲気がピリピリしている
  • 人間関係が悪い
3方面からのアプローチ

職場の人材課題は社員の資質だけでもなく、管理職の資質だけでもなく、仕事の量/質だけでもなく、3つの要素が複雑に絡み合い、問題が顕在化します。そこで、3方面からのアプローチによって社員一人一人が、当事者意識をもって、改善のための行動をとる後押しを行います。


マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • リスク傾向 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • コミュニケーション能力
  • 責任感・誠実性
  • ストレス耐性 など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。


従業員の働く満足度調査

満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!

活用の流れ

受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

※基礎検査の場合

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身の感情傾向を把握することができます。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖と向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート

お問合せボタン