新入社員の悩みと対策 5選

心理コラム

新入社員の悩み 5選

孤立する人

1.職場の人間関係に馴染めない

新しい環境では、どのように誰とどんなふうにコミュニケーションを取ればいいのかわからず、戸惑うことがあります。特に、先輩や上司との適切な距離感をつかむのが難しいと感じることが多いです。同僚との会話に入れなかったり、雑談で話題についていけなかったりすると、孤独を感じやすくなります。

2.仕事の進め方がわからない

タスクの優先順位や業務フローなどの基本的な事を把握できず、どこから手を付ければいいのかが分からないことがあります。他の社員から見ると、些細なことでつまずいているように見え、それに対して厳しい言葉を浴びることもあります。それにより、さらに質問や助けを求めることが難しくなります。

3.自信が持てない

新入社員は、まだ仕事を完璧にこなせる段階にないので、新しいことに挑戦するたびに誰かに質問したり、時には失敗することがあります。この過程で、自分のスキルや能力に対する自信が揺らぎ、不安を感じることが少なくありません。

4.プレッシャーを感じる

新入社員は、自分の役割や責任を理解し、その期待に応なければならないとプレッシャーを感じています。例えば、仕事を覚えるスピードや、速く成果を出すこと、職場に適応することなどさまざまなプレッシャーに直面します。

5.ワークライフバランスの取り方が難しい

新入社員は、学生時代と比べて、毎日フルタイムで働くことに慣れるのには時間がかかります。新しい職場環境や業務に対する適応期間が必要であり、その過程で通勤や業務の遂行に集中することでいつも以上に疲れやストレスを感じることがあります。

職場でできる対策 5選

①職場の人間関係に馴染めない場合の対策

  1. メンター制度の導入: 新入社員に対してメンターを割り当て、業務面だけでなく日常的な相談やコミュニケーションのサポートを提供することが有効です。
  2. チームビルディングイベント: 定期的にチームビルディングイベントを実施し、気軽にコミュニケーションを取る機会を設けることで、同僚との関係を深めることができます。

②仕事の進め方がわからない場合の対策

  1. マニュアルの提供: タスクの優先順位や業務フローを記載したマニュアルを提供することで、新入社員が安心して業務に取り組める環境を整えます
  2. フィードバックの文化: 些細なことでつまずいているように見えた場合でも、建設的なフィードバックを通じて学ぶ機会を提供し、成長を支援します
  3. 質問しやすい雰囲気の醸成: 新入社員が積極的に質問しやすい雰囲気を作り出し、理解を深めるためのサポート体制を整えます

③自信が持てない場合の対策

  1. 褒める: 大きな成果を出したときではなく、普段の何気ない行動も褒めることで、新入社員は、自身の行動に自信を持つことができます
  2. 失敗を過度に責めない: 新入社員に失敗はつきものです。失敗は繰り返さないことが大切であると認識し、仕事のコツを伝えることで、失敗を恐れずに学ぶ姿勢を育成します

④プレッシャーを感じる場合の対策

  1. 進捗管理のサポート: 仕事を一人で抱え込み過ぎにないように、進捗管理ツールや目標設定のサポートを提供します
  2. メンタルヘルスの支援: プレッシャーに対処するためのメンタルヘルス支援を提供します

通信教材『メンタルへルス』

ストレス管理のテクニックやメンタルへルスの重要性などのコンテンツを提供しています

【コンテンツ内容】

  • ストレスへの対処法
  • メンタルへルス不調について
  • セルフケアについて
  • 自己肯定感の高め方  など

⑤ワークライフバランスの取り方が難しい場合の対策

  1. フレキシブルな労働条件の提供: ワークライフバランスを支援するために、フレキシブルな労働時間やリモートワークのオプションを提供します。
  2. 休息とリフレッシュの時間を尊重: 休憩時間や休暇の利用を促進し、新入社員が体調を保つための支援をします。
  3. ストレスマネジメントのトレーニング: ストレスマネジメントや効果的なリラクゼーション技法を学ぶ機会を提供し、ワークライフバランスの向上を支援します。

ポイント

社員はそれぞれさまざまな悩みを抱えていますが、その悩みを聞き出す前に退職してしまうことがあります。また、相談相手となるべき上司との人間関係がうまく築けておらず、社員が相談をためらい、こっそり転職活動を始めることもあります。これを防ぐためには、社員の悩みを定期的に把握し、適切なサポートを提供することが重要です。

当社の「従業員の働く満足度調査」は、人間関係の悩み、仕事の悩み等を測定し、可視化することで、従業員の悩みを把握することができます。

従業員の働く満足度調査について

従業員の働く満足度調査

当社の「従業員の働く満足度調査」では、健全に働く上で必要な要素を『個人の資質』『仕事』『人間関係』の3つの要素に分けて測定するこどで、社員が抱える問題を明らかにします。

働く満足度を決める3要素
健全に働く上で必要な要素
満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 個人の資質
  • 仕事の満足度
  • 人間関係
  • 職場改善案 など

「従業員の働く満足度調査」の特徴

Point1 受検者の負担を軽減する設計

「従業員の働く満足度調査」では、約5分で受検ができるため、社員の負担を軽減することができ、他の検査とも併用しやすい設計になっています。

Point2 厳選した結果帳票

「従業員の働く満足度調査」では、社員のストレスだけでなく、健全に働くために必要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。これにより、あらゆる角度からメンタルへルス不調の原因や、離職要因を特性することができます。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、セルフケアに関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

5分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で個人のメンタル状況を把握することができます。

従業員の働く満足度調査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

セルフケアの基礎を学ぶことができます。

従業員満足度調査後の改善Book
振り返りシート

企業様は、離職傾向のチェックメンタルへルスチェックに活用いただける一方で、従業員様は、メンタルへルスの重要性について学ぶことができ、両者にとって利点のある製品となっています。

お問合せボタン