パニック障害に関する誤解について

心理コラム

パニック障害に関する誤解とは

パニック障害は、広く理解されているとは言い難い精神疾患の一つです。そのため、職場においても多くの誤解が存在し、それがパニック障害を持つ社員の働きやすさを阻害する原因となることがあります。以下に、パニック障害に関する代表的な誤解とその解消方法について解説します。

パニック障害の基本についてはこちら↑

誤解1: パニック障害は単なるストレス反応である

パニック発作は、確かにストレスが引き金になることがあるものの、特定のトリガーが無くても発症するため、単なるストレス反応とは異なります。ストレスだけではなく、脳内の化学物質のバランスの乱れや遺伝的要因、環境要因などが関与する複雑な要因が関与していると考えられています。

以下のような状態の方は特に注意が必要です。

  • 仕事や家事、育児で精神的に追い詰められている
  • 家庭や職場の人間関係でストレスが溜まっている
  • 頑張り屋で自分を犠牲にする性格
  • 完璧主義で細かいことが気になる性格  など

誤解2: パニック障害はメンタルの弱さのせい

パニック障害がメンタルの「弱さ」から来るというのは誤解です。パニック障害は、完全には解明されていないものの、多くの場合、遺伝的要因、神経伝達物質の不均衡、過去のトラウマやストレスフルな出来事が発症に関与していると言われています。そのため、意志の強さや性格の強さとは無関係であり、誰でも発症する可能性があります。

誤解3: パニック障害は気持ちの持ちようで克服できる

パニック障害を気持ちの持ちようだけで克服するのは難しく、認知行動療法(CBT)や薬物療法などの専門的な治療が必要です。認知行動療法では、発作を引き起こす思考パターンや行動を特定し、それを変える方法を学びます。薬物療法では、抗うつ薬や抗不安薬が用いられることがあります。

認知行動療法について詳しくはこちら↑

誤解4: パニック障害は完治しない

パニック障害は適切な治療を受けることで、日常生活に支障をきたさないレベルまで回復することが可能です。そのためには、早期の診断と治療が大切です。当社の提供する「従業員の働く満足度調査」では、社員のストレス状態やメンタルへルス不調の傾向などを測定し、フィードバックを提供することでメンタルへルス不調の早期発見と対応を行うことができます。

『従業員の働く満足度調査』

離職予防、メンタル不調予防、職場の心理的安全性チェックなどに活用可能です

従業員の働く満足度調査

【検査項目】

  • 仕事の満足度
  • 人間関係の満足度
  • 個人の資質(ストレス状態)
  • 職場改善案

誤解5: パニック障害について話すことはタブー

パニック障害について話すことはタブーではありません。むしろ、オープンに話すことで理解を深め、周囲から支援を受けやすくなり、孤独感を軽減することができます。特に、パニック障害に限らずメンタルへルス不調に関しては見た目では分かりにくいため、誤解や偏見が生じやすくなります。そのため、オープンに話すことで周囲の理解を深め、偏見を減らすことにつながります。

ポイント

パニック障害に対する誤解を解消することは、職場での理解とサポートを向上させるための第一歩です。職場での支援策として、メンタルへルスに関する資料を配布すること職場の理解を深めることができます。これらの取り組みを通じて、社員が正しい知識を持ち、適切に対応できるようになることで、パニック障害を持つ社員が安心して働ける環境を作りだしましょう。

当社の「通信教材」では、メンタルへルスについて学べるコンテンツを提供しております。職場のメンタルへルス対策にお役立てください。

通信教材でメンタルへルス対策

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① ストレスについて

  • ストレスとは
  • セルフケアとは

② ストレス対処法について

  • ストレスへの対処法
  • ストレス耐性を向上させる
  • メンタル不調を感じたら

③ メンタル不調を理解する

  • うつ病とは
  • 適応障害とは
  • パニック障害とは
  • HSPとは

④ 周囲への働きかけについて

  • 周囲でメンタル不調者が出たら
  • うつ病の人にかけてはいけない言葉

メンタルへルスに関する情報を毎月提供することで、従業員の健康への意識を高めることができます。

01 年間を通じた運用が可能

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント教育、発達障害などの領域においてテーマを選択し、年間を通じた目標やゴールイメージを明確にします。

02 テンプレートから運用し予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

予算を最小限に抑えつつ、小規模な取り組みからスタートしたい企業様にとって適したソリューションです。

03 Webテストと組み合わせて、より効果的に活用可能

3方面からのアプローチ

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。