【通信教材で人材育成】パニック障害とは?

心理コラム

パニック障害の症状

パニック障害は、突然、強い恐怖感や不安感に襲われる精神障害です。

① パニック発作

パニック発作になる女性

「パニック発作」は、パニック障害の中心となる症状で、強烈な不安や恐怖感が伴います。発作は電車の中、会議の途中、緊張感が解けた瞬間などに起こることがあります。発作は通常、5~20分ほどで収束しますが、「このまま死んでしまうのではないか」という恐怖を感じます。

【パニック発作の主な症状】

  • 息苦しい(呼吸困難)
  • 心臓がバクバクし、動悸が激しくなる
  • 息をしても酸素が吸えていないような感覚がある
  • 手足が震える
  • 冷や汗がでる
  • めまいがする

② 予期不安

不安になる女性

「予期不安」とは、パニック発作の辛さや恐怖から、「また発作が起きたらどうしよう」と不安が生じることを指します。「パニック発作」が改善しても、「予期不安」を感じて、電車や人混みを避ける、エレベーターやトンネルなどの逃げられない場所を避けるようになることがあります。

③ 広場恐怖

「広場恐怖」とは、以前に発作を起こした場所や、すぐに逃げ出せない場所、助けを得られないような場所に対して、恐怖や不安を感じる状態のことを指します。

【広場恐怖が発生する場所】

  • 電車、バス、車、飛行機などの乗り物
  • トンネルやエレベーターなどの閉鎖された空間
  • 人混みの中
  • 一人の時など、誰にも助けが求められない状況

パニック障害の特徴として、これらの症状が出ているにもかわらず、検査をしても特に身体の異常が見つからないことが挙げられます。そして、発作が何度も繰り返し起こると、「発作がまた起きるのではないか…?」という不安なり、その不安が新たな発作を引き起こす悪循環になります。

パニック障害の原因

パニック障害の原因は、完全には解明されておらず、特定のトリガーが無くても発症します。ただし、遺伝的な要因や脳内のホルモンバランスの変化、ストレス、過去のトラウマが関係していると考えられています。以下のような状態には注意が必要です。

  • 仕事や家事、育児で精神的に追い詰められている
  • 家庭や職場の人間関係でストレスが溜まっている
  • 頑張り屋で自分を犠牲にする性格
  • 完璧主義で細かいことが気になる性格  など

パニック発作を感じた時の対処法 3選

パニック発作が起こった場合、死に至ることはないと分かっていても、強い恐怖や不安が押し寄せて取り乱してしまうことがあります。そのような状況に備えて、対処法を心得ておくことは重要です。以下に一般的なパニック発作の対処法をいくつかご紹介します。

① ゆっくり呼吸をする

パニック発作が起きた場合、以下の手順に従って腹式呼吸を行いましょう。

STEP1 姿勢を整える

心地よい姿勢をとり、目を閉じます。

STEP2 息を吸う

鼻からゆっくりと息を吸い込みながら、腹部が膨らむように意識します。

STEP3 息を吐く

息を吸い込んだ後、口を少しずつ開けて、ろうそくが消えないくらいの弱さでゆっくりと息を吐き出します。吐く息は長めに続けましょう。

STEP4 気持ちを落ち着かせる

腹式呼吸を行いながら、心の中で「落ち着いている」「大丈夫」と自分に言い聞かせます。この言葉を繰り返すことで、自分を安心させる効果があります。

「呼吸しないと!」と慌てると、逆に呼吸過剰になってしまうことがあります。そのため、過呼吸やパニック発作の場合は、ゆっくりと息を吐くことに集中することが大切です。「ろうそくの火が消えないくらいの弱い力で」ゆっくりと吐くことを意識しましょう。

② 親しい人に電話をかける

パニック発作が現れ、不安を感じた時は、親しい人に電話をかけましょう。声を聞いたり、「大丈夫」と言ってもらえるだけで、心理的な安心感が得られ、発作のピークを乗り越える手助けになります。電話を掛けた時は、自分の状態を正直に伝えましょう。例えば「今、パニック発作が起きそうだ」「助けてほしい」といった簡潔な説明で十分です。

③ 頓服薬を飲む

発作が起きた時に飲む頓服薬を処方してもらい、常に持ち歩きましょう。頓服薬には、パニック発作の症状を迅速に抑える効果があります。

職場での理解を促進するために

パニック障害は、突然の強い不安や恐怖を伴う発作が特徴の精神疾患で、多くの人々が日常生活や仕事において困難を感じることがあります。職場においても、パニック障害を持つ社員が安心して働ける環境を整えることは非常に重要です。

教育プログラムの実施

パニック障害についての研修やセミナーを開催し、職場全体に正しい知識を広めることで、パニック障害に対する誤解や偏見をなくすことができます。具体的には、パニック障害に関して詳しい専門家を招いて講義やワークショップを開催するなどがあります。直接専門家の話を聞くことで、より現実的に学ぶことができます。

資料の配布

手軽に情報にアクセスできるようにパニック障害に関する情報をまとめた資料を配布することも効果的です。パニック障害に関する基本的な情報、症状、対応方法、サポート体制などを分かりやすくまとめたパンフレットやリーフレットを作成し、社員に配布を行いましょう。

通信教材『メンタルへルス』

ストレス管理のテクニックやメンタルへルスの重要性などのコンテンツを提供しています

【コンテンツ内容】

  • ストレスへの対処法
  • メンタルへルス不調について
  • セルフケアについて
  • 自己肯定感の高め方  など

ポイント

パニック障害を持つ社員が安心して働ける職場環境を整えることは、社員の健康を守るだけでなく、企業全体の生産性や士気の向上にも繋がります。職場での支援策として、教育プログラムの実施と資料の配布は、職場でのパニック障害への理解を深めるために非常に有効な方法です。これらの取り組みを通じて、社員が正しい知識を持ち、適切に対応できるようになることで、パニック障害を持つ社員が安心して働ける環境を作り出すことができます。

当社の「通信教材」では、メンタルへルスについて学べるコンテンツを提供しております。職場のメンタルへルス対策にお役立てください。

通信教材でメンタルへルス対策

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① ストレスについて

  • ストレスとは
  • セルフケアとは

② ストレス対処法について

  • ストレスへの対処法
  • ストレス耐性を向上させる
  • メンタル不調を感じたら

③ メンタル不調を理解する

  • うつ病とは
  • 適応障害とは
  • パニック障害とは
  • HSPとは

④ 周囲への働きかけについて

  • 周囲でメンタル不調者が出たら
  • うつ病の人にかけてはいけない言葉

メンタルへルスに関する情報を毎月提供することで、従業員の健康への意識を高めることができます。

01 年間を通じた運用が可能

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント教育、発達障害などの領域においてテーマを選択し、年間を通じた目標やゴールイメージを明確にします。

02 テンプレートから運用し予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

予算を最小限に抑えつつ、小規模な取り組みからスタートしたい企業様にとって適したソリューションです。

03 Webテストと組み合わせて、より効果的に活用可能

3方面からのアプローチ

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。