従業員のメンタル不調を防ぐ方法5選

メンタルヘルス対策を怠るデメリット

  • パフォーマンスの低下: メンタル不調は仕事の効率や成果に悪影響を及ぼします
  • 休職などの労働損失の発生: メンタルヘルス問題が原因で、休職や退職する社員が増えます
  • 周囲への負担の増加: メンタル不調の社員がいると、周囲の同僚やチームの負担が増えます
  • 代替人員採用のためのコストの発生: 退職者の補充のために、新たな人員を採用するコストがかかります
  • 会社への不信感の増幅: 従業員は「この職場は社員を大切にしていない」と感じ、不信感を抱くようになります

企業が従業員のメンタルヘルスを軽視すると、従業員は「この職場は社員を大切にしていない」と感じ、会社への信頼が低下します。したがって、社内でのメンタルヘルス対策は、メンタル不調者を減らすだけでなく、従業員の会社への信頼を維持するためにも非常に重要です。

従業員のメンタル不調を防ぐ方法 5選

散歩をするサラリーマン

1.コミュニケーションの促進

コミュニケーションが円滑であれば、従業員は安心感を持って働くことができ、悩みやストレスを早期に発見・解決されやすくなります。

【具体的な施策】

  • 定期的な1on1ミーティング
  • 積極的な声掛けの習慣

2.ワークライフバランスのサポート

適切なワークライフバランスは、メンタルヘルス対策においても極めて重要なポイントとなります。特に、仕事とプライベートの両方をバランス良く遂行できる環境を整備することが重要です。

【具体的な施策】

  • 残業時間の削減
  • 柔軟な労働時間(フレックスタイム制の導入など)
  • 休暇を取りやすい環境づくり

ただし、業務の仕組みや、根本的な効率化をしないまま、ルール上での就業時間だけを短縮しても、従業員に効率化の負担が一方的にかかり、社員によっては隠れてサービス残業を行うなどの弊害がでてきます。そのため、根本的な仕事の削減や、効率化システムの導入など組織改革を経営層が主体で行うことが重要です。

3.ストレスチェック制度の導入

ストレスチェックを定期的に実施し、従業員のストレス状態を把握することで、早期に対策を講じることができます。

【具体的な施策】

  • 定期的なアンケート調査
  • 専門家のカウンセリング

『従業員の働く満足度調査』

離職予防、メンタル不調予防、職場の心理的安全性チェックなどに活用可能です

従業員の働く満足度調査

【検査項目】

  • 仕事の満足度
  • 人間関係の満足度
  • 個人の資質(ストレス状態)
  • 職場改善案

4.メンタルヘルス教育の普及

メンタルヘルスに関する教育を従業員全体に普及させることで、個々の意識を高め、自己管理能力を向上させることができます。メンタルヘルスの知識があれば、ストレスや不安を感じたときに適切な対処法を取ることができ、また、同僚や部下のメンタル不調にも早期に気づくことにも役立ちます。

【具体的な施策】

  • メンタルへルス研修の導入
  • メンタルへルスに関するパンフレットの配布
  • メンタルへルスイベントの実施(瞑想・ヨガの実施など)

通信教材『メンタルへルス』

ストレス管理のテクニックやメンタルへルスの重要性などのコンテンツを提供しています

【コンテンツ内容】

  • ストレスへの対処法
  • メンタルへルス不調について
  • セルフケアについて
  • 自己肯定感の高め方  など

5.マネジメント層の教育

ストレスチェックのみを実施しても、フォローする側の知識が不足している場合、逆に従業員を励ますつもりが追い詰めることになってしまいます。損と雨、マネジメント層が従業員のメンタルへルスに関する知識を持ち、適切な対応を取れるようになることで、職場のメンタルへルス対策がより効果的になります。

『管理職向け』通信教材

人材マネジメントに特化したスキルを学べるコンテンツを提供しています

【コンテンツ内容】

  • 管理職の役割について
  • コーチングについて
  • パワーハラスメントについて
  • アンガーマネジメントについて 

多数のコンテンツを提供中!

まとめ

従業員の心の健康を守るために、従業員の状態に気を配り、早めに対処することが大切です。そして、社員からのSOSを待つのではなく、会社が率先して社員のストレス状態や健康管理を行うことが必要です。

当社の「従業員の働く満足度調査」では、従業員のストレス状態やメンタルへルス不調の傾向などを測定し、従業員のメンタルへルス不調を事前に把握することができます。

従業員の働く満足度調査の紹介

従業員の働く満足度調査

当社の「従業員の働く満足度調査」では、健全に働く上で必要な要素を『個人の資質』『仕事』『人間関係』の3つの要素に分けて測定するこどで、社員が抱える問題を明らかにします。

働く満足度を決める3要素
健全に働く上で必要な要素
満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 個人の資質
  • 仕事の満足度
  • 人間関係
  • 職場改善案 など

「従業員の働く満足度調査」の特徴

Point1 受検者の負担を軽減する設計

「従業員の働く満足度調査」では、約5分で受検ができるため、社員の負担を軽減することができ、他の検査とも併用しやすい設計になっています。

Point2 厳選した結果帳票

「従業員の働く満足度調査」では、社員のストレスだけでなく、健全に働くために必要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。これにより、あらゆる角度からメンタルへルス不調の原因や、離職要因を特性することができます。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、セルフケアに関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

5分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で個人のメンタル状況を把握することができます。

従業員の働く満足度調査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

セルフケアの基礎を学ぶことができます。

従業員満足度調査後の改善Book
振り返りシート

企業様は、離職傾向のチェックメンタルへルスチェックに活用いただける一方で、従業員様は、メンタルへルスの重要性について学ぶことができ、両者にとって利点のある製品となっています。

お問合せボタン