【具体例付き】仕事の指摘の伝え方

心理コラム

正しい指摘方法を学ぶことの大切さ

叱るまではいかないまでも、ちょっとした指摘をする場面で、口うるさいと思われたくない気持ちから、指摘することを控えていませんか?しかし、些細な事でも指摘をしないでいると、後で大きなトラブルを引き起こす可能性があります。そのため、普段から小さなことでも指摘をする必要がありますが、小さなことだからこそ、正しい伝え方をすることによって好印象を与えることができます。

指摘の流れ

①「事実」→「影響」→「要望」の順番で伝える

部下が指摘されることに抵抗感を示さないようにするために、初めは事実を伝えて状況を確認し、影響→要望の順番で伝えると良いです。また、口調は厳しくせず、普段の会話のような感じで伝えると相手も指摘を受け入れやすくなります。

  • 事実:出来事
  • 影響:周りにどのような影響があるのか
  • 要望:どうしてほしいのか

具体例①

事実:昨日の会議資料に誤字があったね

影響:誤字があると、お客様に「この会社いい加減だな、残念だな」という印象を与える可能性があるんだよね。「そんなところ気にする?」と思うような小さなことでも意外と見ている人がいるから注意が必要なんだ。

要望:今後は資料の誤字が無いように、丁寧に確認をしてもらえるかな?

②「ほめる」→「質問」→「アドバイス」の順番で伝える

アドバイスをする際は、まず相手の良い点をほめることから始めましょう。これにより、アドバイスを受け入れやすい環境を作ります。その後、アドバイスしたい点について質問し、相手の意見を聞きます。相手の意見を尊重しつつ、「さらに良くするためには…」と加点方式でアドバイスを行います。

具体例②

ほめる:昨日のプレゼン良かったね。情報が整理されていて分かりやすかったよ。

質問:プレゼンのこのページで、一番伝えたい内容は○○であってるかな?

アドバイス:ここを具体的な数字を使って説明すると、さらに説得力が増すかもしれないね

定期配信ツールでマネジメント能力向上へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

「人材マネジメント」スキルを学ぶことで部下のやる気を引き出し、成果向上につながります。

毎月、学習コンテンツを提供することで、情報に触れる機会が増加し、

学ぶ意欲を高めることができます。

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。