敬語でもパワハラになる?管理職が注意すべきパワハラの具体例

心理コラム

敬語でもパワーハラスメントになる?

パワーハラスメントに該当しないよう言葉に気を配る際、「乱暴な言葉を使わなければ大丈夫」と考えるのは危険です。敬語を使っていても、相手を尊重せずに圧力をかけると、見かけ上は敬意を示しているように見えますが、実際には相手を傷つける行為として、パワーハラスメントに該当する場合があります。

パワーハラスメントの定義

パワーハラスメントの定義は「事業主が職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、その雇用する労働者の就業環境が害されること」です。典型的な例は、「精神的な攻撃」であり、脅迫、名誉毀損、侮辱、暴言があります。

【具体例】パワーハラスメントに該当する例

正論を言う人

「ここは学校じゃない」という言葉には、「学生じゃないから、同じミスを何度も繰り返すな」という意味合いが含まれています。このような発言は、相手の能力を否定し、侮辱する意図があるとみなされ、敬語を用いていたとしてもパワーハラスメントに該当します。

「給与に見合った仕事をしていない」と相手を非難することで、相手に対して不適切なプレッシャーを与えることになります。

また、業務の遂行のために給与の話を持ち出す必要はないことから、業務上必要かつ相当な理由があったとは言えず、パワーハラスメントに該当するといえます。

この発言は、相手の文章能力を否定し、しかもその能力を向上させる支援をしないことを示唆しています。これにより、相手の自信を傷つけ、職場の居心地の悪さや不安を引き起こすことからパワーハラスメントに該当する場合があります。

社員の能力や価値を低く評価することで、個人の尊厳を傷つけ、精神的なストレスをかけることにつながります。その結果、適切な労働環境が損なわれる懸念が生じるため、この発言はパワーハラスメントと認識される可能性があります。

パワーハラスメントのデメリット

パワーハラスメントを受けた側の精神的な負担となるだけでなく、職場全体の雰囲気にも悪影響を及ぼし、生産性の低下離職率の上昇といった問題を引き起こす可能性があります。

不必要に相手を傷つける発言を行うことでは、相手の業務遂行能力は上がりません。

「パワーハラスメント」と「指導」の違い

面倒見がよい先輩

全ての指導がパワーハラスメントになるわけではありません。例えば、締め切りがある重要な文書の作成が遅れている場合、指導が必要です。重要なのは、発言の背後にある「意図」や「感情」です。

相手の能力を向上させるための建設的な指導であれば、パワーハラスメントではありません。しかし、優越感や軽蔑の意図を込めて行われる場合は、パワーハラスメントになる可能性があります。

パワーハラスメント指導
意図・目的相手を傷つけ、屈辱を与えること相手の成長を促すこと
感情怒りや支配欲好意や責任感
効果相手への心的負荷や生産性の低下相手の成長や生産性の向上

パワーハラスメント対策ツール

管理職向けのマネジメント検査

パワーハラスメントを行っている人は無自覚なことが多く、「相手の成長のためにあえて厳しく指導した」と主張することが珍しくありません。

当社のマネジメント検査では無自覚なパワーハラスメントリーダーシップ能力に焦点を当てた項目を測定し、受検後にはマネジメントに関する研修シートを配布することで社員の自己啓発を促します。

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。