【原因と対策】職場に感情の起伏が激しい人がいる

心理コラムタイトル

感情の起伏が激しくなる原因

① 長期間ストレスやプレッシャーがかかっている

慢性的なストレスや過度なプレッシャーは、心の負担となり、感情の起伏が激しくなる要因となります。ストレスやプレッシャーが解消されれば感情の起伏が治まる場合もありますが、長期間にわたってストレスにさらされていた場合、感情がするまでには時間がかかる可能性があります。

職場でイライラをぶつけられたとしても、『あの人はストレス過多なんだな…』と自分なりの理由をつけることで、心を落ち着かせることができます。

② 自己肯定感が低い

否定的にとらえる人

自己肯定感の低い人は、他人からの批評や意見に敏感で、小さなことでも過剰に傷ついたり怒ったりすることがあります。そのため、職場で感情の起伏が激しい人は、実は、自分の価値や能力に対して自信が持てず、負の感情を抱えやすいことが原因である場合があります。

職場でイライラをぶつけられたとしても、『あの人は自信が無いんだな…』と自分なりの理由をつけることで、心を落ち着かせることができます。

③ ホルモン変化の影響

ホルモンの変動は感情に影響を与えることがあります。特に女性の場合、月経周期や更年期などのホルモンの変動に伴ってイライラ、怒り、悲しみなどの感情が増加する場合があります。

④ 心理的な問題

ショックを受けて落ち込む女性

感情の起伏が激しい人は、うつ病、不安障害、双極性障害などの心理的な問題を抱えている可能性があります。これらの状況では、感情のコントロールが難しく、感情の起伏が激しくなることがあります。そのため、ひとりで解決しようとせず、専門機関へ速やかに相談することが必要です。

感情の起伏が激しい人は、精神的な問題や、ホルモンの影響など、外見では判断できない要因が関与している場合がありますそのため、相手を変えようとするのではなく、正しい対処法を身に着けることが必要です。

ワークエンゲージメントを測定するツール
離職防止ツール
大人の発達障害への理解

職場に感情の起伏が激しい人がいる時の対処法

感情の起伏が激しい相手が上司先輩の場合】

感情的な上司

 冷静に対応する

上司の感情が高ぶっているときは、相手の感情に巻き込まれず、冷静になることが重要です感情的に反応することで、上司の反感を買い、さらに状況を悪化させてしまう可能性があります。

 聞く姿勢を持つ

上司の感情が高ぶっているときは、話を聞く姿勢を持ちましょう。相手の意見や感情を理解しようする姿勢を示し、上司に話をさせてあげることで、上司自身も言いたいことが言えてスッキリし、感情を整理しやすくなります。ただし、上司の話を受け止めすぎず、必要に応じて聞き流すようにしましょう。

 適切なタイミングで話し合う

上司の感情が高ぶっているときには、上司の感情が収まるまで反論したり、話し合うことはできるだけ控えましょう。お互いが感情的な状態では、対話が難しくなることがあります。そのため、感情が収まった後、適切なタイミングを見極めて話し合いを行いましょう。

感情の起伏が激しい相手が部下後輩の場合】

わがままな部下

 理解を示す

部下の感情の起伏が激しい場合、彼らの立場や考え方を理解しようとすることが大切です。なぜ怒りやイライラを感じるのかを聞いて、その背後にある問題に理解を示しましょう。相手の意見や感情に共感する姿勢を持つことで、冷静に対話をする機会を得ることができます。

寄り添うためのフレーズ

  • 『最近、仕事の責任が増えたことで、しんどくなったりしていませんか?』
  • 『仕事でプレッシャーを感じていることはないですか?』
  • 『最近、心配事やストレスはありますか?もし話したいことがあればいつでも聞きます。』
  • 『最近、元気がないように見えます。もし話をしたいことがあればいつでも聞きます。』

 働く環境を改善する

部下の感情の起伏が激しい場合、慢性的なストレスがかかっている場合があります。そのため、仕事の負荷を減らしたり、タスクの見直し、ストレス解消のための休息やリラックスの時間を設けるなど、働く環境を改善することが効果的です。

感情の起伏が激しい相手が同僚の場合】

 理解と共感を示す

同僚の感情の起伏が激しい時は、相手の話をじっくり聞き、感情に共感することが重要です。そうすることで、同僚は「自分を理解してくれている」と感じ、気持ちを落ち着かせることができます。

 感情的な反応を避ける

同僚の感情の起伏が激しい時は、相手の感情に巻き込まれず、冷静になることが重要です。感情的に反応することで、同僚との関係が悪化する可能性があります。

 上司に相談する

相手が同僚の場合、言いすぎてしまったり関係を損なわないように注意しましょう。無理に自身で解決しようとせず、上司や会社の窓口に相談することも大切です。

人材育成に活用できる検査の紹介

一般社員向けの基礎検査

当社の「基礎検査」では、考え方の癖感情のコントロール力を測定し、フィードバックを提供することで、社員のセルフケア能力の向上や、健康に関する興味関心を喚起することができます。

当社の「基礎検査」では、ビジネスパーソンとして必要な基礎能力を『思考の癖』『社会人基礎力』『メンタルへルス』の3つに分けて測定いたします。

基礎検査の3つの要素
ビジネスパーソンとして必要な基礎力

基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • 思考の癖
  • 社会人基礎力
  • メンタルへルス など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。

「基礎検査」の特徴

Point1 正解が無い問題形式

基礎検査では、ストレスがかかるようなシチュエーションを想定し、その時の自身の行動や感じ方を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。問題自体に正解や不正解という概念が無く、あくまでも感じ方や行動の中から思考の癖を測定する検査になるため、自分を良く見せる回答がしずらく、本来の特性を評価することができます。

Point2 厳選した結果帳票

「基礎検査」では、個々の考え方や行動パターンを分析し、メンタルへルス不調の予防や、働く上で重要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、思考の癖の改善に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

スマホ・PC・冊子のいずれかで受検いただきます。

スマホで受検可

STEP2

「評価シート」の配布

評価シートで得点と改善点を確認します。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖に向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

「基礎検査」受検

「基礎検査」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

基礎検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)12,000円/名
【単品】基礎検査(1回分)3,000円/名
【セット】通信教材(12か月分)+基礎検査(1回分)13,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

基礎検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

一般社員向けの基礎検査

ご利用の流れ

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。