ADHDの仕事での困りごとと支援策について

心理コラム

近年、ADHD(注意欠陥多動性障害)は広く認識されるようになり、個人の日常生活だけでなく、仕事の面でも影響を及ぼすことがわかってきました。ADHDのある人々は、特定の困難さに直面する可能性がありますが、その一方で、彼らのユニークな特性や視点は、チームにとって貴重な資源となり得るのです。このコラムでは、ADHDを持つ人々が仕事で直面する困りごとと、それに対処するためのいくつかのアプローチについて考えてみましょう。

ADHDの仕事での困りごと

集中力と時間管理の課題

ADHDの人々は、長時間の集中や時間管理が難しいと感じることがあります。しかし、適切な対策を講じることで、効果的な仕事の進め方が可能です。タイマーやスケジュール管理ツールを活用し、短い作業時間を設定することで、集中力を高めることができます。また、優先順位をつけてタスクを分割し、目標を明確にすることも重要です。

① 注意散漫になる

  • メールやチャットの通知に気を取られて作業に集中できなくなる
  • 周囲の騒音や話し声に敏感になり、作業に集中できなくなる
  • 記入漏れ、誤字脱字などのケアレスミスや忘れ物が多い

② 優先順位をつけることが苦手

不注意の特性が働くと、ひとつのことに集中しなければならないことは分かっていても注意が別のところに行ってしまい、集中力が低下してしまう…ということが起きます。

  • 重要なタスクと他の雑務の優先順位をつけることができず、時間を効率的に使えない
  • 締め切りが迫っているにも関わらず、優先順位の低いタスクに時間を割いてしまう
  • ひとつの仕事を完了せずに手当たり次第に手を付けてしまうためすべてが中途半端

③ 時間の見積もりが苦手

  • ・タスクにかかる時間を過小評価し、予定よりも時間がかかってしまう
  • ・時間配分がうまくできず、予定通りの進捗ができない
  • ・スケジュールの先延ばしや遅刻をしやすい
  • ・締め切りを守れない

④ タスクの切り替えやマルチタスクが苦手

  • 一つのタスクに集中している時に、他のタスクへの切り替えができず、時間がかかってしまう
  • 思考や作業の転換に時間がかかる
  • 他の人の話を聞きながら同時に自分の意見やアイデアをうまく考えられない
  • 電話をしながらメモを取ることが苦手
  • 指示されたことを覚えきれない

周囲の刺激の課題

ADHDの人々は、刺激過多によって注意が散漫になることがあります。職場の環境を整えることで、集中力を維持しやすくなります。個別の作業スペースや騒音を避ける場所を確保し、外部からの刺激を最小限に抑えることが有効です。また、ヘッドフォンや集中できる音楽を活用することもおすすめです。

① 騒音や周囲の動きによる集中力の低下

  • 周囲の会話や電話の音、危機の騒音などに敏感になり、集中力を維持できなくなる
  • 他の人の動きやドアの開閉音などの敏感に反応し集中力が維持できなくなる
  • 他の人の話に集

② 視覚的な刺激による注意散漫

  • 整理整頓されていないデスクだと視覚的な刺激が多くなり、いろんな方向に注意が向いてしまう
  • 明るい照明やディスプレイの点滅など視覚的な刺激に敏感で注意散漫になりやすい

仕事での困りごとに対する対策

指示されたことを忘れてしまう

やることリストメモ

🌟ノートに日付事にページを準備しメモを取る

その日にできなかった仕事は、朝出社した時に、前日から今日の日付のページに書き直しましょう!ここを面倒くさがらないようにしましょう!

メモが間に合わない時にはスマホなどのボイスレコーダーを活用すると良いです!

机の上が汚い

縦型収納ボックス  横型収納ボックス

🌟机の上に仕事に必要なもの以外はおかないようにする

🌟ペットボトルや財布などはカバンの中にしまう

🌟書類が散乱してしまう人は、なんでも入れていいボックスを用意して、紙はすべて一時的に入れましょう!

そうすることで片づけのハードルを下げることができます。

PCのタブやいくつも開かず、2から3つまでにしましょう。それ以上開いていても管理できません‼

期日を守れない

🌟リマインダーを活用する

🌟期日は当日ではなく、2日ほど前に設定することで忘れてしまった場合でもリカバリーできるようにする

🌟手首に巻き付けるウェアラブルメモを活用する

🌟リマインダーやメモ帳はPC内で管理するのではなくノートで管理する

PC内で管理するとみる回数が減るので、せっかくメモをしていても、意味がなくなってしまうので、なるべくノートで管理しましょう

上司や同僚に相談する

目を合わせる女性

自分で対策をとっていても、どうしても抜けてしまいミスをしてしまうことはあると思います。一人で頑張るには限界もあるため、上司や同僚に相談をすることは気持ち的にも安心することができます。また、上司や同僚に不安に思っていることや困難なことを共有することで、特性を理解し、適切なサポートを提供してくれる可能性があります。

いきなり特性のことを打ち明けることが不安な場合、仕事をより正確に進めるために定期的な進捗報告の場をもらえないか上司に相談することで仕事へ前向きに取り組んでいる気持ちを伝えることができます。

通信教材で発達障害の理解

大人になってから発達障害だと気づいたり、発達障害には該当しないグレーゾーンだと診断されることが増えてきています。そのため、社員が不安に感じ、一人が頑張りすぎてしまい、メンタル不調になる人も近年では増えてきています。上司として、同僚としてそのような特性を理解し、フォロー体制を整えることで、社員がよりパフォーマンスを発揮しやすい職場を作ることができます。ミスをしてしまう社員を「努力がたりない」「根性が足りない」と気持ちだけで乗り切ることはもはや時代遅れの価値観です。

社員同士がそれらを理解することで長期的に見れば生産性を向上させることができます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。