職場で発達障害を理解する前に押さえておくべき共通認識

心理コラム

どこまでが障害で、どこまでが性格なのか?

発達障害の偉人「アインシュタイン」

アインシュタイン

発達障害としてよく挙げられるアインシュタインは、幼少期から言葉の遅れや、不器用さが見られました。そして、彼は偉大な物理学者としての才能を持ちながらも、一般的な学校教育に適応することが難しかったため、独自の学び方を模索し、独自性を発揮していきました。

このように、発達障害を持つ人々は、一部の能力やスキルにおいて優れている一方で、他の面では課題を抱えていることがよくあります。このような凹凸が、偉人との紙一重の関係を示しており、適切な支援と理解が提供されれば、彼らは独自性や創造性を発揮し成果を上げる可能性がある一方、適切な支援や理解が得られない環境ではその力が発揮できない傾向があります

日本独特の「察して」という文化

察して会話する人

日本において根付いている「察して」の文化は、言葉に頼らずに相手の気持ちや状況を推し量ることが期待される傾向があります

しかし、この文化は発達障害の傾向がある人にとっては理解がしにくい場合があります。

また、海外の人々も、この「察して」の話し方や行動は理解しにくい場合があります。

環境や文化によって「当たり前」の感覚は異なる

大手企業とベンチャー企業との違い

日本の職場においても、公務員や大企業などの既存のルールに従って成果を上げることが求められる場合、個性が目立ちすぎると問題とされることがあります。一方、ベンチャー企業などの自由な環境では、個性が評価されることもあります。

このように、環境や文化によって「当たり前」の感覚は異なり、どこまでが病気(障害)でどこまでが性格なのかも、環境や文化によって異なります。

「どこまでが障害で、どこまでが性格なのか?」の答え

どこまでが病気(障害)でどこまでが性格なのかは、環境や文化によって異なります。

発達障害というのは、その人が「生きずらさ」を感じているかどうかで診断される必要があり、診断されることで、救われる人々が存在することを理解することが重要です。決して、その人の能力が足りないから発達障害だという単純な判断ではないことを心に留めましょう。

精神障害が理解を得られにくい理由

意見を押し付ける人

外見での分かりにくさ

身体障害と異なり、精神障害の辛さは外見では分かりにくく、「個性的な性格」や「変わった人」として認識されます。また、症状の程度が人によって異なり、障害と性格との線引きもあいまいな部分があります。そのため、相手に障害を伝えることが難しく、一人で頑張って馴染もうとしてしまいます。そして、普通に見られようと頑張りすぎて、鬱などの二次障害になる人も少なくありません。

出来るけどすごく疲れる

発達障害には「出来る」と「出来ない」の間に「出来るけどすごく疲れること」という領域が存在します。

例えば、ADHDの場合、「物をどこかに置き忘れてしまう」ことがしばしばありますが、忘れ物を防ぐ方法はないのか?というと、そうではなく、かなり気を付けるための努力と気力が必要です。しかし、この「気を付ける」の次元は想像をはるかに超えたレベルでの確認をしないと、物をどこかに置き忘れてしまうのです。

発達障害と定型発達の違い

やろうと思えばできるけど、すごく気力をつかうのですね

どこかに物を置き忘れてしまうことは、誰しもが経験したことがあるでしょう。しかし、発達障害のある人にとって、この問題が10回、20回と繰り返されるため、その頻度が目立ちます。

そのため、障害として認識し、周囲の人々がサポートできる環境を整えることが重要です。このようにすることで、本人も必要な支援を受けやすくなります。

発達障害という名称が使われているのは、このような理由からです。

発達障害への誤解

「ADHD」は営業、「ASD」はプログラマーが向いているのか?

芸術家

発達障害の人が向いている職業として、ADHDは多動性を活かして営業、マスコミ、起業家に向いている。ASDは集中力を活かした研究者、プログラマー、芸術家に向いていると言われています。

しかし、営業といっても売るだけでなく、売るための資料を作成したり、製品知識を覚えたり、アポイントを取ったり、予算を意識したりなど業務が多岐に渡ります。そのためADHDの多動性を利かせる仕事=外に出る営業が向いているというのは必ずしも最適な選択とはいえません。

同様に、ASDのプログラマーも、一人で黙々と作業ができる環境があるわけではなく、コードの選択や打ち合わせなど他者との協力やコミュニケーションが不可欠な場面も存在します。

したがって、「向いている仕事」というのは、自身の特性を理解し、ストレスが少なく働ける業務内容であることが重要です。発達障害の人にとって最適な職業は個人によって異なりますので、自己分析やキャリア相談を通じて、自身に合った職業を見つけることが大切です。

発達障害=天才肌」なのか?

偉人や超人を取り上げて、「発達障害=天才肌」というイメージを作るのは適切ではありません。発達障害を持つ人々は、それぞれが異なる強みや困難を抱えており、成功に至る要因も様々です。一部の偉人や成功者が発達障害を持っていたとしても、それは個別の事例に過ぎず、全ての発達障害の人々に当てはまるわけではありません。

そのため、発達障害を理解し、個別のニーズや困難に適切に対応することが、包括的な支援の実現につながります

通信教材で人材育成

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。