【職場で役立つ】大人の発達障害(ASD)の理解と支援

心理コラム

大人になってから発達障害と気づく場合

発達障害は、生まれつきの脳の機能の発達に関する障害を指し、対人関係注意力などに発達に偏りが存在します。

子供の頃は周囲からのサポートを受けたり、内向的な性格で症状が目立たず周囲に気づかれなかった場合、大人になってから困りごととして症状が顕著に表れる場合があります。

大人になってから発達障害に気づく場合

  • 仕事で同じことを何回も注意されてしまう
  • 言われたことを忘れてしまう
  • 周囲との人間関係に溶け込めない
  • 一人暮らしを始めてから部屋の片づけができず、いつも忘れ物や探し物をしている

発達障害といっても、その特性は個別に異なり、一般的には大きく3つに分類されます。また、ASD(自閉スペクトラム障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)LD(学習障害)のような障害は、重なり合って2つ以上の特性が症状として同時に現れる場合もあります。

発達障害の3つの種類

ASDの特徴

自閉症スペクトラム障害は、社会的な相互作用とコミュニケーションの困難さ、独特な興味・行動パターン、制限された興味や活動に特徴があります。

  1. 社会性・想像力の欠如
  2. コミュニケーションの障害
  3. こだわりの強さ

① 社会性・想像力の欠如

大人の発達障害(社会性の障害)

暗黙のルールが分からず、その場の空気に合わせることが苦手な傾向があります。また、相手の気持ちや言葉の背景にある意図を想像することが難しく、社会的な場面での困難さが伴います。

具体例

  • 暗黙の了解が苦手
  • その場の空気に合わせることが苦手
  • 人と関わることへの関心が薄く、一人でいても平気
  • 相手が自分と違う考えを持っていることに気づかない

② コミュニケーションの障害

話を割り込む人

人とのかかわりが苦手で、相手の反応などお構いなしに自分が好きな話だけを一方的にしたり、オブラートに包まず失礼なことを相手に伝えてしまうなどの特徴があります。

具体例

  • 挨拶が苦手
  • 敬語が苦手
  • 失礼なことを平気で伝えてしまう(思ったことを全部言ってしまう)
  • 一方的に話してしまう
  • 相手の表情やジェスチャーで相手の気持ちを読み取ることが苦手
  • 社交辞令やお世辞を真に受ける

③ こだわりの強さ

大人の発達障害(こだわりの強さ)

様々なことに対してのこだわりが強く傾向があります。、例えば特定の順番、物の配置へのこだわりが強く、また極端な興味の偏りなどもあります。何にこだわりを感じるのかは人それぞれ異なります。感覚に対する過敏さも含まれます。

具体例

  • 物の配置が換わるとストレスを感じる
  • 計画通りの実行へのこだわりが強く、突然の予定変更にストレスを感じる
  • 特定のルーティンや手順に従わないことにストレスを感じる
  • 新しい環境や場所にストレスを感じる
  • 興味の幅が狭く、ほかの事には極端に興味を示さない
  • 正確な言葉の言い回しでないと気が済まない(アイスの違いをラクトアイス、アイスミルク、アイスクリーム、氷菓に分けているのでガリガリ君はアイスクリームではないと認識する)

ASDの特性と職場でのフォローの仕方

  1.  報連相が苦手
  2.  過集中によって一人の作業に没頭する
  3.  複数のことを同時に行うことが苦手
  4.  周りを見て臨機応変に動けない

① 報連相が苦手

ASDの人は、相手がどのようなことを報告してほしいのか、どう感じるのかを考えるのが苦手な傾向があり、何をどのように報連相したらいいのかが分からないことがあります(他者視点の欠如)。

また、周囲に相談せずに黙々と一人で作業を進めてしまう傾向があるため、協調性が無いと周囲から孤立し、本人が気づかぬうちに信頼を失ってしまうことがあります。

報連相が苦手な場合のフォローの仕方

  • 報告する時間を決めておく
  • 何を報告すればよいのか事前に打ち合わせする
  • 口で説明するのが苦手な場合、メールやチャットなどで報告する
  • 報連相の必要性を感じていない場合は、必要性について認識を合わせておく

② 過集中によって一人の作業に没頭する

ASDの特性でもある過集中によって、気づかぬうちに時間が過ぎていて周囲と連携する時間が無くなく、周囲からは一人で作業していて協調性が無いという印象を与えてしまっている場合もあります。

過集中のフォローの仕方

  • アラームを使って時間を区切る
  • 意識的に休憩をとるように促す
  • 作業工程を書き出し、工程ごとに休憩をはさむ

③ 複数のことを同時に行うことが苦手

ASDの人は、目の前の仕事に集中している間は、他の仕事を同時に考えることが難しく、同時に取り組もうとするとパニックになる傾向があります。また、順番や手順に対するこだわりが強いため、臨機応変に優先順位をつけることが苦手な傾向があります。

複数のことを同時に行うことが苦手な場合のフォローの仕方

  • ひとつづつ落ち着いて取り組めるように指示を出す
  • 新しいタスクが出たらすぐにメモ帳に記載し、次に回すように促す

④ 周りを見て臨機応変に動けない

ASDの人は周囲の人の表情や、その場の空気を読むことが苦手であり、たとえ周囲が忙しそうであっても、「自分には関係ない」という気持ちから、悪気があるわけではなく、自発的に手伝おうとは思わない傾向があります。

臨機応変に動けない場合のフォローの仕方

困った時にチェックすべきことのリストを共有する(帰る時に「何かやることはありますか?」と一言かけてから帰るなど)

通信教材で発達障害への理解へ

発達障害の特徴が比較的軽度な場合、そのまま成長し、就職後にその傾向が初めて明らかになり、グレーゾーンとして診断される事例が増えてきています。

今まで健常者として過ごしてきたことに加え、周囲からの理解が得られず、無理をすることにより、二次障害としてうつ病やパーソナリティ障害が引き起こされ、問題が一層複雑化することがあります。

こうした状況を未然に防ぐためには、発達障害の弱みと強みを理解し、どのような支援があれば業務を遂行できるのかを把握する必要があります。

そして、会社の管理職層が発達障害の特性を活かせるような視点を持つことが大切です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。