【法人向け通信教材】発達障害に対する誤解 5選

心理コラム

メディアで取り上げられるようになり、発達障害の認知は進んでいますが、それでも多くの誤解が存在します。ここでは、代表的な5つの誤解について解説します。

発達障害への誤解

芸術家

【誤解1】発達障害は治る

発達障害は脳の構造や機能に関わる特性であり、薬や治療で症状が改善するものの完全に消えるわけではありません。そのため、大切なのは「治す」よりも「うまく対応する」ことが重要です。そのためには、適切な支援や環境の調整などの合理的配慮が重要になります。

【誤解2】発達障害=天才

発達障害のある人の中には、特定の分野で優れた能力を持つ人もいますが、これは一部の人に過ぎません。多くの人は特定の才能を持つことはなく、日常生活での困難と向き合っています。また、才能の開花に至る要因も様々です。そのため、一部の偉人や成功者が発達障害を持っていたとしても、それは個別の事例に過ぎず、全ての発達障害の人に当てはまるわけではありません。

【誤解3】ADHDは営業、ASDはプログラマーが向いている

発達障害の人に向いている職業として、ADHDは多動性を活かして営業、マスコミ、起業家が適していると言われています。また、ASDは集中力を活かした研究者、プログラマー、芸術家に向いているとされています。

しかし、営業の仕事は商品を売るだけでなく、資料の作成、製品知識の習得、アポイントの取り付け、予算管理など多岐にわたります。そのため、「ADHDの多動性を利かせる仕事=営業」という考え方は必ずしも最適とはいえません。同様に、ASDの人が向いている仕事とされるプログラマーも、一人で黙々と作業するだけでなく、コードの選択や打ち合わせなど、他人と協力したりコミュニケーションを取る場面が多くあります。

「向いている仕事」というのは、自分の特性を理解し、ストレスを感じにくい業務内容であることが重要です。発達障害の人にとって最適な職業は個人によって異なるため、自己分析やキャリア相談を通じて、自身に合った職業を見つけることが大切です。

【誤解4】発達障害の人はすべての面で出来ない

発達障害のある人は、特定のスキルや状況で困難を抱えることがありますが、すべての面で能力が劣っているわけではありません。むしろ、特定の分野では非常に高い能力を持つこともあります。しかし、適切な支援と理解が不足している環境では、その能力を発揮することが難しくなります。大切なのは、個々の特性を理解し、彼らの強みを活かす支援を行うことです。適切な環境が整えば、発達障害のある人も多くのことを成し遂げることができます。

【誤解5】発達障害は親の育て方の問題

発達障害は遺伝的要因や脳の発達に関連する生物学的要因が大きく関与しており、親の育て方が直接の原因になることはありません。発達障害のある子どもを育てる親も、多くの場合、試行錯誤しながら最善の方法を見つけようと努力しています。社会全体で理解し、支援することが大切です。

ポイント

発達障害に関する誤解や偏見は、正しい知識と理解を広めることで解消することができます。一人ひとりが持つ特性を尊重し、支え合う職場を築くことが重要です。

当社の「通信教材」では、多様性に関する内容を毎月提供することで、誤解や偏見を取り除き、働きやすい職場の雰囲気を構築をご支援いたします。

通信教材で発達障害の理解

通信教材で発達障害の理解

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① 発達障害の概要知識

  • 発達障害の種類:ASD、ADHD,LDなどの発達障害の概要について学びます
  • 発達障害の特徴:各発達障害に共通する特徴や、具体的な症状について理解を深めます

② フォロー体制

  • 職場のフォロー体制:発達障害を持つ社員が働きやすい環境を整えるための具体的なサポート方法や、フォロー体制の構築について紹介します
  • 当事者ができる対策:発達障害を持つ本人が職場で取り組むことができる具体的な対策や、自己管理の方法を提案します

学習コンテンツを毎月提供することで、職場の理解を促進させます。

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。