ピグマリオン効果を活用した部下育成の方法

心理コラムタイトル

部下育成はただ仕事の指示を出すだけではなく、個々の能力に合わせた配慮が必要です。本コラムでは、部下の育成についてピグマリオン効果を活用した方法を5つご紹介します。

ピグマリオン効果とは

ピグマリオン効果の例

ピグマリオン効果とは、相手に対して良い期待を抱きながら接すると、相手はその期待に応えようとし良い成果を出す傾向があることを指します。そのため、ピグマリオン効果は、教育現場や人材育成の場面で活用されています。

ピグマリオン効果を活用する5つの方法

下記5つを意識して実践することでピグマリオン効果を生み出し、成長を促進することができます。

① 適切な期待値を持つ

握手する上司と部下

部下に対する過度な期待はプレッシャーになり、過小評価は自信の喪失につながります。そのため、個々の能力や状況に応じて期待値を調整することでピグマリオン効果を生み出し、部下の成長に大きな影響を与えることができます。

【ポイント】

  • 過去の実績や経験年数を考慮する
  • 状況や環境の変化に合わせて柔軟に期待値を調整する(異動直後や入社直後に高い期待をかけない)
  • 役割や責任を明確にし、部下に「自分は何が求められているのか?」を理解してもらう

② 適切なタイミングでフィードバックを行う

目を合わせる女性

適切なタイミングでフィードバックを行うことでピグマリオン効果を生み出し、部下の成長を促します。部下が落ち込んでいる時や、イライラしている時にフィードバックを行うと、フィードバックを受け入れる心の準備ができておらず、意に反して反発をしてしまう恐れがあります。部下の感情や状況をよく観察し、彼らが受け入れやすい状態で行いましょう。

③ 肯定的な言葉を使用する

部下に対して肯定的な言葉を使い、能力を認めることでピグマリオン効果を生み出し、彼らの能力を引き出すことができます。一方で否定的な言葉は部下の自信を損ない、意欲を低下させる恐れがあります。

【ポイント】

  • 「なんでできないんだ」「どうせ無理」などの否定的な発言を避ける
  • 丁寧な言葉遣いや敬称を用いる
  • 声のトーンや表情に気を配る

④ 裁量権を与える

裁量権を与えることで、部下は自らの能力や責任を高く評価されていると感じ、ピグマリオン効果を生み出します。その結果、彼らはより熱心に働き、組織の目標達成に向けて全力を尽くすようになります。また、裁量権を得ることで、意思決定を行う機会が増え、主体的な行動を促すきっかけとなります。

【ポイント】

  • 部下のタスクの進め方を尊重する
  • 新しいアイデアの提案を推奨する
  • 「やってみる?」声をかけ新たな挑戦の機会を提供する

⑤ サポートとリソースの提供

部下が成長するために必要なサポートやリソースを提供することで、部下は成功の喜びを感じ、自己成長に向けて努力を続けることができます。

【ポイント】

  • マニュアルを提供する
  • 同年代の教育担当者をつける
  • 8割は手順やテンプレートを共有し、残りの2割については部下自身が考える余地を残す
  • 業務に必要なデータの保管場所やツールの活用方法を教える
従業員のメンタル不調を防ぐ方法

管理職の適性を測定する検査

管理職向けのマネジメント検査

当社TellToolの提供するマネジメント検査では、部下との信頼関係構築力傾聴力パワーハラスメント傾向などを測定し、自身の行動の振り返り、今後の人材課題への指針として活用いただけます。

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。