管理職が部下にしてはいけないゴーレム効果を引き起こす行動4選

心理コラムタイトル

ゴーレム効果とは

ゴーレム効果とは、他者からの低い期待が個人の能力や行動に悪影響を与える現象のことを指します。例えば、上司が部下に対して低い期待を持つと、部下は自分の能力を過小評価したり、本来の力が発揮できなくなることがあります。

ゴーレム効果の例
ゴーレム効果の例

ゴーレム効果を引き起こす行動4選

ゴーレム効果を引き起こす上司の行動は以下のようなものが考えられます。

① マイクロマネジメント

監視をする上司

マイクロマネジメントとは、上司が部下の仕事のやり方まで詳細に指示し、常に監視するような行動を指します。これは、上司が部下の能力を信頼せず、評価していないことによるものです。その結果、部下は自分が期待されていない、信頼されていないと感じ、ゴーレム効果が引き起こされる原因となります。

マイクロマネジメントの具体例

  1. 細かい修正
    • 言い回しの細かな訂正
    • 資料や報告書の細かい指摘と修正
  2. 過度なスケジュール管理
    • 進捗状況を細かく管理
    • タスクの優先順位を詳細に指定
  3. 過度なコミュニケーション管理
    • 頻繁に報告を求める
    • メールやチャットなどの監視
    • コミュニケーション手段の過度な指定(「チャットではなく電話で報告しなさい」など)

② フィードバックの欠如

上司から適切なフィードバックを受けることで、部下は良い点を伸ばし、改善点を修正して成長することができます。しかし、適切なフィードバックを得られないと、部下は自分の評価が分からず、ゴーレム効果が引き起こされる原因となります。

フィードバックが欠如している状態の具体例

  • 業務が優れている場合でも上司からの評価がない
  • 業務に問題がある場合でも上司からの指導がない
  • 将来のキャリアやスキルについてのフィードバックがない

③ 不適切な評価基準

部下に対する評価基準が不明確だったり、適切でない場合、部下は上司から適切に評価されていないと感じ、ゴーレム効果が引き起こされる原因になります。

不適切な評価基準の具体例

  • 量やかけた時間(資料の作成量、残業時間)のみを評価する
  • 目立つ人のみを評価し公平性が欠如している
  • 極端に時間やコストを下げた場合に評価する(不正行為や不信感の要因となる)

④ パワハラ・モラハラ発言

問い詰める上司

上司が部下を罵倒したり、優越感を示す態度を取ったりすると、部下は自分の能力を正しく評価できなくなり、ゴーレム効果が引き起こされる原因となります。

パワハラ・モラハラの発言の具体例

  • 「どうしてこんな簡単なこともできないんだ」
  • 「どうせまたミスするんだろ?」
  • 「こんな一年目でもできること今更言わせるなよ」 など

ゴーレム効果を予防するための行動 3選

管理職は、部下の能力や意見を評価し、信頼することが大切です。そうすることで、部下は自信を持ち、能力を存分に発揮できるようになります。

① 期待値の再確認

握手する上司と部下

ゴーレム効果は、他者の期待値によって自己のパフォーマンスが影響を受ける現象です。そのため、他者からの低い期待値によって自己肯定感が低下しないよう、部下の能力や成果と照らし合わせ、適切な期待値を持つことが大切です。

適切な期待値を持つ方法

  • 過去の実績や経験年数を考慮する
  • 状況や環境の変化に合わせて柔軟に期待値を調整する(異動直後や入社直後に高い期待をかけない)

② コミュニケーションの改善

適切なコミュニケーションをとることで、部下の能力や成果に対する理解を深めることができます。

コミュニケーションを改善する方法

③ フィードバックの改善

適切なフィードバックを行うことで、部下の能力に適切な評価を与え、成長を促すことができます。

フィードバックの改善方法

管理職適性チェック+人材育成

管理職向けのマネジメント検査

ゴーレム効果が起こると、社員のモチベーションが下がり、生産性の低下、離職者が増加する可能性があります。そのため、管理職は部下に対して正しい対応を取ることが大切です。

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。