人間関係を悪くしてしまう人の特徴7選

心理コラム

人間関係を悪くしてしまう人の特徴を把握し対策を行うことで、人間関係のトラブルを未然に防ぐことが可能です。無意識に人間関係を悪くしてしまう行動をしていないかチェックしてみてください。

人間関係を悪くしてしまう人の特徴7選

① コミュニケーションが不足している、又は話し過ぎ

話を割り込む人

コミュニケーションが苦手で、他者とのコミュニケーションを避けてしまっていると、職場の人に誤解されてしまったり、すれ違いが生じることがあります。また、相手の話を聞かずに一方的に話してしまうことも人間関係を悪化させてしま要因になります。一般的には、相手の話を聞く(7割)、自分が話す(3割)の配分が理想的と言われています。コミュニケーションは人間関係の基本です。コミュニケーションが苦手な方は、まずは、相手の話を一生懸命聞くことから始めると良いです。

コミュニケーションが不足している、又は話過ぎな人の特徴

  • コミュニケーション自体を避けてしまう
  • 声のトーンや表情、目線などの非言語コミュニケーションが不足している (相手と目を合わせない、真顔など)
  • 相手の話を聞かずに自分の話ばかりしてしまう
  • 相手の意見を尊重せずに、一方的に自分の意見を主張してしまう
  • 話の結論をあいまいにしたり、だらだら話してしまう

② 自己中心的な態度

わがままな部下

自分自身の都合を優先し、他者の意見や感情を置き去りにしてしまう傾向がある人は、協調性やチームプレイを乱し、人間関係を悪化させることがあります。共感や思いやりを持ち、他者の立場や感情を尊重することが大切です。

自己中心的な人の特徴

  • 自分自身の利益や欲求を優先する
  • 相手の話を聞かず、自分自身の経験ばかり話す
  • 自分が優位に立つために他人を利用する、利益を横取りする
  • 他人への共感や思いやりに欠ける

③ コントロール欲や支配欲が強い

監視をする上司

自己の欲求を満たすために、他者を思い通りにコントロールしようとする傾向がある人は、人間関係を悪化させることがあります。他者を自分の目的の手段として扱うのではなく、他者の自主性や個性を尊重し、協調性を持つことが大切です。

コントロール欲や支配欲が強い人の特徴

  • 自分自身の考えや意見を優先する
  • 自分の思い通りに他人をコントロールしようとする
  • 他者を自分の目的達成のための手段として扱う
  • 強い競争心があり他人よりも優位に立ちたがる
  • 自分がリーダーであるという立場を誇示したがる

④ 自分の意見を言わなすぎる

無視をする人

意見の対立や摩擦を避けようとするあまり、自分の意見を言わずに押し殺してしまったり、遠慮しすぎる傾向がある人は、人間関係を悪化させることがあります。よく言うと協調性が高いですが、悪く言うと八方美人です。意見を言わず、誰に対しても良い自分を演じるため他者に信用されない可能性があります。適切なタイミングや方法で自分の意見を伝え、対話を通じて解決を図ることが大切です。

自分の意見を言わなさすぎる人の特徴

  • 本音を言わず他者に対して都合の良い自分を演じる
  • 自己を犠牲にしても他者に合わせる傾向がある
  • 自己主張が弱く他者の意見に従うことが多い

⑤ ネガティブな言動や悪口が多い

ネガティブな言動や悪口を言ったり、他者を意図的に傷つける傾向がある人は、人間関係を悪化させることがあります。ポジティブな言動を心掛け、他者を尊重する態度を持つことが大切です。

ネガティブな言動や悪口が多い人の特徴

  • 人の長所よりも短所や問題点ばかりに着目する
  • 自分自身の不満や不快感を優先し、他者の視点や気持ちに対する配慮が少ない
  • 問題解決よりも問題自体を強調する(解決策よりも問題を指摘する発言が多い)
  • 怒りや不満などの感情的な発言が多い

⑥ 噂話が多い

人間関係からの切り離し

噂好きな人は一見、話の話の中心にいるため好かれているように感じるかもしれませんが、実際には口が軽いという印象を与えてしまうため信用されにくい傾向があります。また、噂話は他人のネガティブな内容が多いため、噂話をしている本人の好感度が下がり人間関係が悪化することがあります。信頼性を高め良好な人間関係を築くためには、噂話を避け、適切なコミュニケーションを心がけることが必要です。

噂話が多い人の特徴

  • 口達者であり社交的な性格
  • 「人の不幸は蜜の味」のように話がネガティブな内容が多い
  • 注目を浴びることを好む

⑦ 無責任な態度

自分の仕事に対して無責任だったり、約束を守らない人は、他のメンバーに迷惑をかけることが多く、信頼を失ったり人間関係を悪化させることがあります。自身の責任を自覚し、約束は守るようにしましょう。

無責任な人の特徴

  • 責任を他人に転嫁する
  • 約束や義務を軽視する
  • 自分の責任になるような決断を避け、他人に責任を負わせようとする
  • 自分の出した結論や結果に対して責任を取らない
  • 他者の要望や期待に対して無関心
従業員のメンタル不調を防ぐ方法

3方面からアプローチを行うことで職場の人間関係改善へ

人間関係の悪化は、人材流出やメンタル不調の要因となりかねません。そのため、組織的に人間関係改善の取り組みを行う必要があります。

このようなお悩みを抱えた企業様向けの製品です

  • メンタル不調者が増えている
  • 早期離職者が増えている
  • 職場の雰囲気がピリピリしている
  • 人間関係が悪い
3方面からのアプローチ

職場の人材課題は社員の資質だけでもなく、管理職の資質だけでもなく、仕事の量/質だけでもなく、3つの要素が複雑に絡み合い、問題が顕在化します。そこで、3方面からのアプローチによって社員一人一人が、当事者意識をもって、改善のための行動をとる後押しを行います。


マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • リスク傾向 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • コミュニケーション能力
  • 責任感・誠実性
  • ストレス耐性 など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。


従業員の働く満足度調査

満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!

活用の流れ

受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

※基礎検査の場合

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身の感情傾向を把握することができます。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖と向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート

お問合せボタン