職場に馴染むまで時間がかかる人の性格傾向

心理コラム

職場に馴染むまで時間がかかる人の性格傾向

新しい職場に馴染むためには、平均的に3か月~6か月ほどかかるのが一般的です。そこで、個人差はありますが、新しい職場で馴染むことが難しい性格タイプをご紹介します。

① 過度に内向的

孤立する人

過度に内向的な性格の場合、新しい環境や初対面の人に対して抵抗感があり、自ら積極的に関わったり、自己開示をすることが難しい場合があります。その結果、周囲からは「職場に馴染もうとしていない」「何を考えているのか分からない」と思われてしまい、職場での適応がますます難しくなる傾向があります。

過度に内向的な人の特徴

  • 挨拶をしない
  • 目を合わせない
  • 自分から話しかけない
  • 何を考えているのか分からない

② 過度に自己主張が強い

意見が食い違う社員

自己主張が強すぎる場合、自分の意見を優先し、他人の意見や提案を受け入れないことがあります。その結果、チーム内での協力が難しくなり、職場に馴染めず対立が生じたり、雰囲気が悪化する可能性があります。

過度に自己主張が強い人の特徴

  • 周囲の意見を聞かない
  • 自分のことを優先的に考える
  • 否定的な言葉を使う

③ 過度にプライドが高い

わがままな部下

プライドが高い人は、自分の能力に自信があるため、自分のやり方を貫こうとし、他人のアドバイスを受け入れることに抵抗を示すことがあります。その結果、必要な時に助けを求められず、誤った方法で作業を行い、周囲に迷惑をかける可能性があります。

過度にプライドが高い人の特徴

  • 自分だけで仕事を抱え込む
  • 分からないことを質問しない
  • 仕事をえり好みする
  • 仕事以外の交流は不要だと思っている

④ マイペースすぎる

楽しそうに歩く社員

マイペースな人は、自分のペースで物事を進める傾向があるため、周囲との連携がスムーズにできず、結果としてメンバーとの信頼関係や協力関係が築けず、職場に馴染みにくくなることがあります。

マイペースすぎる人の特徴

  • 仕事が遅い
  • 納期を守る意識が低い
  • 危機感が低い

職場に馴染むための方法

① 自分から挨拶をする

挨拶をする人

新しい職場では、ちょっとした印象が大切です。自分から挨拶をすることで自分の存在を認識してもらうだけでなく、相手に友好的な印象を与えることができます。挨拶はシンプルなもので十分ですが、笑顔を忘れず、相手の名前を呼ぶことで親しみやすさをアピールできます。

② 自分から質問をする

会議で質問をする人

新しい職場に適応するためには、積極的に学ぶことが大切です。自分から質問することで、周囲とのコミュニケーションを深めるだけでなく、職場の文化や仕事のやり方について理解を深めることができます。

③ 「ありがとう」を忘れない

感謝のあまり泣く人

新しい職場では、周囲から指導やアドバイスを受ける機会が増えます。その際に「わかりました」と伝えるだけでは、相手が貴重な時間を割いてくれていることへの感謝の気持ちが伝わりにくくなります。そのため、教えてもらった際には、「ありがとうございます」と感謝の気持ちをしっかり伝えることで、信頼関係を深めることができます。

④ 素直になる

仕事を教える上司

素直にあることで、誤解を防ぎ、信頼関係を築くことができます。例えば、注意や指導を受けた際、反論をするのではなく、「教えていただきありがとうございます」と感謝の意を伝えることが大切です。また、「できないこと」を素直に「できない」と伝えることも大切です。最初に「できる」と言ってしまった場合、後で出来ないことが明らかになった場合、信頼を損なう可能性があります。

適性検査で人材育成

職場に馴染むまでには平均的に3か月~6か月ほどかかるのが一般的です。しかし、人によっては職場に馴染むことができず、メンタルへルス不調や早期離職につながる可能性があります。当社はこれらの課題を予防するための3つの検査を提供しています。

このようなお悩みを抱えた企業様向けの製品です

  • メンタル不調者が増えている
  • 早期離職者が増えている
  • 職場の雰囲気がピリピリしている
  • 人間関係が悪い
3方面からのアプローチ

職場の人材課題は社員の資質だけでもなく、管理職の資質だけでもなく、仕事の量/質だけでもなく、3つの要素が複雑に絡み合い、問題が顕在化します。そこで、3方面からのアプローチによって社員一人一人が、当事者意識をもって、改善のための行動をとる後押しを行います。


マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • リスク傾向 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


基礎検査

基礎検査の帳票

検査項目

  • コミュニケーション能力
  • 責任感・誠実性
  • ストレス耐性 など

20分のスキマ時間に簡単チェック

考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。


従業員の働く満足度調査

満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!

活用の流れ

受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

※基礎検査の場合

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身の感情傾向を把握することができます。

基礎検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

思考の癖と向き合う方法を学ぶことができます。

基礎検査受検後の改善Book
振り返りシート

お問合せボタン