雰囲気の悪い職場の特徴|人間関係改善ツールについて

心理コラム

雰囲気の悪い職場の特徴 5選

雰囲気が悪い

① 失敗が許されない職場

失敗が許されない職場では、失敗やミスをすると上司や同僚から厳しい叱責をされ、場合によってはパワーハラスメントに該当する行動にまで発展することもあります。このような環境では、社員は自分の意見を言うのも怖くなり、次第に指示されたことだけを淡々とこなすロボットのようになってしまいます。「やったら怒られる、やらなくても怒られる」そのような職場の雰囲気が良いことはありません。

② 無謀なノルマが設定されている

達成困難な無謀なノルマが従業員に課せられる場合、達成できないことの方が多くなるため、叱責が日常茶飯事になり、従業員は過度なストレスやプレッシャーに押しつぶされることになります。また、ノルマの達成が困難であるため、達成した時の達成感を味わう機会がほとんどなく、更に職場の雰囲気が悪くなります。

③ パワーハラスメントが横行している

パワーハラスメントが横行している職場は、従業員にメンタルへルスに深刻な影響を与えるだけでなく、職場全体に恐怖心が植え付けることになります。また、労働施策総合推進法が改定され、パワーハラスメントに対して措置義務が課せられたにもかかわらず、パワーハラスメントが横行することは、パワハラをする側は「部下が成長するために厳しく指導しているだけだ」とパワハラの自覚が無く、自分の行動が周囲に与える影響に無頓着です。そのような状態では、誰もが委縮してしまい、職場の活気が失われることになります。

④ 悪口や嫌がらせが横行している

悪口や嫌がらせが横行すると、社員同士の不信感や対立が生じてコミュニケーションがスムーズにいかなくなります。このような状況では、チームで協力することも期待できず、離職者が続出します。離職者が多いことが当たり前になり、問題意識も薄れていくことになります。

⑤ 新人や部下に仕事を教えない

適切な指導を受けられないまま仕事を始めると、誤解やミスが増加し、職場の雰囲気が悪くなります。例えば、新人が「これはどのようにするんですか?」と聞いても「自分で考えてください」と突き放されるような職場は雰囲気が悪く、誰もが不安やストレスを抱えることになります。

職場の雰囲気が悪いことのデメリット

職場の雰囲気が悪い状態を放置すると次のようなデメリットがあります。

1.メンタルへルス不調の増加

職場の雰囲気が悪いと、従業員は毎日ストレスやプレッシャーを感じるようになります。上司や同僚からの批判的な態度が孤立感不安感緊張感を引き起こし、心の健康をじわじわと蝕んでいきます。

2.モチベーションの低下

厳しすぎる指導や成果に対する評価の欠如、責任ばかりが重くのしかかる環境では、「頑張っても無駄」「何をやっても変わらない」といった諦めムードが蔓延し、職場がやる気のない集団と化してしまいます。

3.離職率の上昇

職場の雰囲気が悪いと、不満やストレスが積み重なり、次々と社員が辞めていきます。さらに、その穴埋めに優秀な人材に仕事が集中し、負担が増えることで、優秀な人材も耐えきれずに去り、結果、職場は常に人手不足で、新人が入ってもすぐに辞めてしまう悪循環に陥ります。

ポイント

失敗が許されない環境や無謀なノルマ、パワーハラスメントの横行などは従業員の心身に負担をかけ職場の雰囲気が悪くなる原因になります。これらの問題を放置すると、メンタルへルス不調者の増加だけでなく、優秀な人材が流出することで企業の競争力も失われかねません。そのため、従業員が安心して働ける環境を整えることが大切です。

当社の「従業員の働く満足度調査」では、仕事の悩み、人間関係の悩み、モチベーションなどを測定し、企業課題を可視化することが可能です。

従業員の働く満足度調査について

従業員の働く満足度調査

当社の「従業員の働く満足度調査」では、健全に働く上で必要な要素を『個人の資質』『仕事』『人間関係』の3つの要素に分けて測定するこどで、社員が抱える問題を明らかにします。

働く満足度を決める3要素
健全に働く上で必要な要素
満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 個人の資質
  • 仕事の満足度
  • 人間関係
  • 職場改善案 など

「従業員の働く満足度調査」の特徴

Point1 受検者の負担を軽減する設計

「従業員の働く満足度調査」では、約5分で受検ができるため、社員の負担を軽減することができ、他の検査とも併用しやすい設計になっています。

Point2 厳選した結果帳票

「従業員の働く満足度調査」では、社員のストレスだけでなく、健全に働くために必要な要素を厳選し、結果帳票を提供しています。これにより、あらゆる角度からメンタルへルス不調の原因や、離職要因を特性することができます。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、セルフケアに関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

5分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で個人のメンタル状況を把握することができます。

従業員の働く満足度調査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

セルフケアの基礎を学ぶことができます。

従業員満足度調査後の改善Book
振り返りシート

企業様は、離職傾向のチェックメンタルへルスチェックに活用いただける一方で、従業員様は、メンタルへルスの重要性について学ぶことができ、両者にとって利点のある製品となっています。

お問合せボタン