デスクワークで寿命が縮む?おすすめリラックス方法

心理コラムタイトル


現代社会において、多くの人々がデスクワークを行っており、長時間にわたって机に座りっぱなしで作業することは珍しくありません。しかし、長時間のデスクワークが健康と寿命に悪影響を及ぼす可能性があることが明らかになっています。本コラムでは、デスクワークと寿命の関係性についてと、おすすめのリラックス方法をご紹介します。

長時間のデスクワークにより寿命が縮む理由

運動不足

長時間のデスクワークは運動不足と関連しています。運動不足になると、心臓病、糖尿病、肥満などのリスクを高める要因として広く知られています。また、長時間座りっぱなしで体を動かす機会が減少すると、筋肉の低下につながり、基礎代謝が低下することにもつながります。

精神的なストレス

長時間の画面作業を行うことで、適度な休憩ができず、精神的にもプレッシャーがかかる状態になりえます。そして、精神的なプレッシャーは、うつ病や不安障害などの精神的な健康問題のリスクを高める可能性があります。

不適切な姿勢

不適切な姿勢のまま、長時間デスクワークを行うことで、背骨や筋肉に負担をかけ、腰痛や肩こり、首の痛みなどの問題を引き起こす可能性があります。また、長時間画面を使った作業は、眼精疲労や頭痛の原因ともなります。

おすすめリラックス方法 5選

① 小休憩を取る

小休憩をとる人

仕事の合間に小休憩を取ることで身体がリフレッシュされ、筋肉の緊張が解け、血液循環が改善されます。また、集中力を保つためにも適度な休息は効果的です。ただし、休憩中にスマートフォンを見てしまうと、脳に負担をかけてしまい、休憩の効果が薄れてしまいます。そのため、休憩中は水を飲んだり、軽いストレッチをしたり、リラックスした音楽を聴いたりすることで気分転換を図ることがおすすめです。

② 20秒を目安にストレッチを行う

ストレッチをする女性

デスクワークでは、長時間同じ姿勢を続けることが多く、その結果、肩や首の筋肉が緊張状態になり、血液や酸素の循環が悪くなることで、肩こりや筋肉の疲労が引き起こされる可能性があります。特に、前かがみの姿勢や首を前に突き出すような姿勢を長時間続けることには注意しましょう。デスクワークの合間には、簡単なストレッチを行ったり、首の周りをほぐしたりすることで、体の緊張や疲れを緩和させることができます。

ストレッチをするときの注意ポイント

  • ストレッチで伸ばす時間は最低20秒(体がほぐれ始めるのが10秒以上からのため、ほぐれる前に止めてしまうと効果が出ません)
  • 呼吸を止めないようにする(呼吸が止まると血圧が上昇してしまうため)
  • 痛くなるまで伸ばさず、気持ちが良い程度に伸ばす(痛くなるまで伸ばしてしまうとかえって筋が損傷する恐れがあります)

③ 運動の習慣をつける

運動


デスクワークの前後に運動を取り入れることで、運動不足を解消することができます。ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動は心肺機能を向上させるのに役立ちます。

また、川の音や木の葉の音、風の音、鳥の鳴き声などの「自然界の音」は、副交感神経を刺激し、心拍数や血圧を下げ、リラックス状態を促す効果があります。そのため、森林や公園などの自然の中で散歩をし、新鮮な吸気を吸ったり、風の音を聞きながら歩くことで、心をリフレッシュさせることができます。

④ 深呼吸や瞑想を行う


瞑想を行うことで心と体をリラックスさせ、集中力を高めることができます。静かな場所に座り、目を閉じ、深呼吸に集中することで、緊張や不安をやわらげ、仕事のストレスから一時的に離れることができます。深呼吸はリラックス効果があります。数回深呼吸をして、ゆっくりと息を吐き出すことで、緊張をほぐし、リフレッシュすることができます。瞑想中に暖かいおしぼりなどで目や首を温めることも血行が良くなり、リラックスに効果的です。

⑤ スタンディングデスクを導入する

スタンディングデスクを導入することで、座ったり立ったりの切り替えをすることができます。長時間座り続けることを避け、姿勢の改善にも役立ちます。

ポイント

ストレスをコントロールするには、ストレスに流されるのではなく、意識的にリラックス方法を取り入れる必要があります。自身に合った方法を試してみてください!

従業員のメンタル不調を防ぐ方法

従業員の満足度を計測しメンタル不調対策へ

ストレスを解消する方法やリラックス方法は、他人が教えてくれるものではなく、自身で身に着ける必要があります。また、リラックス方法を心得ていないと、仕事でのストレスが蓄積されてメンタル不調になる可能性があります。

当社TellToolの働く従業員の満足度検査では、従業員の仕事の負担人間関係のストレス心理的安全性などを計測する項目をご用意しております。従業員のメンタル状況を把握することで、職場環境の改善や、ストレス軽減策の検討を行うことができます。


従業員の働く満足度調査

満足度調査の帳票

【検査項目】

  • 仕事の量・質
  • 会社の制度
  • 人間関係
  • 現在のストレス など

5分で簡単チェック

離職予防、メンタル不調予防、社風チェック、心理的安全チェック等が可能です!

活用の流れ

従業員の働く満足度調査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身のメンタル状況を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

5分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で個人のメンタル状況を把握することができます。

従業員の働く満足度調査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

セルフケアの基礎を学ぶことができます。

従業員満足度調査後の改善Book
振り返りシート

企業様は、離職傾向のチェックメンタルへルスチェックに活用いただける一方で、従業員様は、メンタルへルスの重要性について学ぶことができ、両者にとって利点のある製品となっています。

お問合せボタン