PM理論を用いたマネジメント力を測定する検査について

心理コラム

理想の管理職とはどのような人ですか?

理想の管理職は、PM理論に基づくとPM型が理想的な管理職といえます。PM型の管理職は、計画と戦略に長けており、成果を上げる一方で、優れたコミュニケーション能力によりメンバーとの関係性を良好に保ち、組織を前進させることができます。

PM理論とは

PM理論とは、リーダーに求められる行動特性を2つの軸で分類し、リーダーシップの発揮状態を4つに分類したものです。

リーダーに求められる行動特性(2軸)

1.P行動(目標達成行動:Performance function)

目標を設定し、達成のための計画を立て、進捗を管理するための行動。

P行動の具体例

  • 適切な目標設定ができる
  • 目標達成のための計画立案ができる
  • 目標達成のための業務指示や進捗管理ができる
  • ルール違反に対する指導ができる

2.M行動(集団維持行動:Maintenance function)

チームメンバーとの人間関係を構築し、チームワークが機能するようメンバーに働きかける行動。

M行動の具体例

  • 社員の悩みやトラブル解消のサポートができる
  • 良好な関係作りができる
  • 社員の意見や特性を尊重したマネジメントができる

求められるリーダー像には、業績(P行動)だけでなく、良好な人間関係(M行動)を含めた2軸が必要なのですね!

リーダーシップの発揮状態(4つ)

PM理論の図

PM型

目標達成行動と集団維持行動の両面で優れている状態です。目標を明確に示し成果を上げ、集団をまとめる力もあるリーダーの理想形です。

Pm型

目標達成行動は優れているが、集団維持行動が劣っている状態です。成果へのこだわりが強く仕事ができるタイプである一方で、メンバーからの人望が得られずチームが疲弊していく可能性があります。

pM型

集団維持行動に優れているが、目標達成行動が劣っている状態です。人間関係を良好に保つことは得意だけれど、成果へのこだわりが薄く業務管理や戦略的に行動することが苦手な傾向があります。また、社員に気を使いすぎてしまう可能性があります。

pm型

目標達成行動も集団維持行動もどちらも劣っている状態です。成果を上げる力も、集団をまとめる力も弱い傾向があります。

従業員のメンタル不調を防ぐ方法

まとめ

P型とM型はどちらも重要な要素であり、どちらかが不足していたり、要素が強すぎてしまうと組織のバランスが崩れたり、業績不振や、チームワークの乱れが発生する可能性があります。そのため、いかにして人材をPM型に近づけていくか、また弱い部分を補完しあえる人事配置を行う必要があります。

当社のマネジメント検査では、管理職の資質を測定し、人材育成や組織改善のヒントとして活用することができます。

管理職の適性検査で人材育成

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性

マネジメント検査

マネジメント検査の帳票

検査項目

  • 信頼関係構築能力
  • リーダーシップ能力
  • マネジメント能力 など

忙しい管理職でも20分で受検可能!

パワハラなどのリスク傾向などを測定し、マネジメントについてアドバイスします。


「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

マネジメント検査」の受検が終了すると、評価シートが返却されます。評価シートで自身の長所と短所を把握した後、振り返りシートを用いて自己啓発を行うことができます。

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート

通信教材ツールでさらに人材育成へ

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

人材マネジメントに特化した内容を提供中!

① マネジメント基礎

  • 管理職の役割について
  • PM理論について

② 部下との関わり方

  • 傾聴力について
  • 正しい褒め方について
  • コーチングについて

③ パワーハラスメント

  • アンガーマネジメントについて
  • パワーハラスメントについて
  • 正しい叱り方について

④ 部下のメンタルへルス

  • メンタルへルスについて
  • 部下から相談を受けた時の対処法

テストを実施することで、従業員の自己理解を促し、

その後、通信教材を毎月提供することで、学習効果を高めることができます。

STEP1

受検

「マネジメント」を受検いただきます。

スマホで受検

STEP2

結果配布

自身のビジネススキルを数値で把握します。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

通信教材の配布

毎月、通信教材を配布し、学習効果を高めます。

毎月配布
価格
【単品】通信教材(12か月分)15,000円/名
【単品】マネジメント検査(1回分)3,500円/名
【セット】通信教材(12か月分)+マネジメント検査(1回分)16,000円/名

※ 1名様からご注文可能です

通信教材について詳しく知りたい場合はこちら▼

口コミ

マネジメント検査について詳しく知りたい場合はこちら▼

管理職向けのマネジメント検査
STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 無料トライアル(※任意)
ご希望の際は、無料で3名様まで検査を体験いただくことが可能です。
STEP4 ご契約
内容にご納得いただけましたら正式に契約となります。