【通信教材で人材育成】瞑想のやり方

マインドフルネスは瞑想を通じて発達させることが可能なことから、企業が社員の健康や生産性向上を目指して取り入れる動きが増えています。今回は、瞑想のやり方を2つご紹介します。

瞑想のやり方 2選

【一般的な瞑想】

瞑想をする人

STEP1 静かな場所で座る

:静かで落ち着いた場所を見つけて座ります。

STEP2 姿勢を整える

:背筋を伸ばし、肩の力を抜きリラックスします。そして目を閉じます。

STEP3 呼吸に意識を集中する(60秒間)

:自然な呼吸に意識を集中します。息を吸う時には、鼻からゆっくりと息を吸い込み、吐く時には口からゆっくりと息を吐きます。

STEP4 体を観察する(60秒間)

:呼吸をしたときの胸の膨らみや体の動き、体温を観察します。

STEP5 集中力を保つ

:途中で集中が途切れてしまった場合は、再び呼吸に意識を戻します。

STEP6 今の感情を観察する(60秒)

:自身の感情を観察します。「穏やかな気持ちだ…」「気温が暖かくて心地よいな」「ドキドキする…」など今のありのままの感情を観察します。

さまざまな感情は表れては消えていく様に”気づく”ことを目的にして実践してみましょう。

【ボディスキャン瞑想】

身体の部分一つ一つ順番に意識を向け、身体の部分に起こる変化を観察します。そうすることで、ネガティブな感情を感じた時、身体のどの部分で感じやすいのか、どのような変化があるのかに気づき、適切な距離をとることができます。

STEP1 静かな場所で座る

:静かで落ち着いた場所を見つけて座ります。

STEP2 姿勢を整える

:背筋を伸ばし、肩の力を抜きリラックスします。そして目を閉じます。

STEP3 呼吸に意識を集中する(60秒間)

:自然な呼吸に意識を集中します。息を吸う時には、鼻からゆっくりと息を吸い込み、吐く時には口からゆっくりと息を吐きます。

STEP4 全身をスキャンする①(身体の各パーツ10秒間)

:左足に注意を向けてください。そしてつま先へと注意を動かし外気温度、体温、感触、空気、緊張感、痛みなどを感じ、足の指の一本一本で感覚を感じ取ります。右足も同様にスキャンします。

STEP5 全身をスキャンする②(身体の各パーツ10秒間)

:次にふくらはぎ、膝、太もも、股関節と手の左右に順番に注意を向けてください

STEP6 全身をスキャンする③(身体の各パーツ10秒間)

:次に肩、首、顔全体に注意を移動させます。

STEP7 呼吸を整える

:全身のスキャンを終えたらそのまま呼吸を整え、再度全身を感じます。

まとめ

瞑想は継続的に行うことが必要です。また、瞑想のやり方は今回ご紹介した2つ以外にも様々な方法があるため、自分に合った方法を見つけることが重要です。初めて瞑想を行う人は、いくつかの方法を試してみて、自分にとって心地よく続けられそうな方法を見つけるようにしましょう。

当社の通信教材『メンタルへルス』は、メンタルへルスに関する情報を毎月提供することで、従業員に健康に関する啓発と教育を行うことができます。

通信教材でメンタルへルス対策

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① ストレスについて

  • ストレスとは
  • セルフケアとは

② ストレス対処法について

  • ストレスへの対処法
  • ストレス耐性を向上させる
  • メンタル不調を感じたら

③ メンタル不調を理解する

  • うつ病とは
  • 適応障害とは
  • パニック障害とは
  • HSPとは

④ 周囲への働きかけについて

  • 周囲でメンタル不調者が出たら
  • うつ病の人にかけてはいけない言葉

メンタルへルスに関する情報を毎月提供することで、従業員の健康への意識を高めることができます。

01 年間を通じた運用が可能

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント教育、発達障害などの領域においてテーマを選択し、年間を通じた目標やゴールイメージを明確にします。

02 テンプレートから運用し予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

予算を最小限に抑えつつ、小規模な取り組みからスタートしたい企業様にとって適したソリューションです。

03 Webテストと組み合わせて、より効果的に活用可能

3方面からのアプローチ

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。