発表の基本スキル「アイコンタクト」「ターン」「間」

心理コラム

せっかくの良い内容を話していても、発表の仕方に問題があると、相手にうまく伝わらないことがあります。基本的な発表のスキルについてご紹介します。

ダメな発表の仕方

せっかく良い内容を話していたとしても、発表のやり方に問題があると、相手に伝わらないことがあります。具体的には以下のようなダメな発表の仕方があります。

  • スクリーンに背を向けたまま話す
  • 資料に目を落としたまま話す
  • 目線が安定しない
  • 話すスピードが速い
  • 声の大きさが小さい

基本の「ターン」を身に着ける

ダメな発表を回避するためには、「ターン」のスキルを身に着けることが大切です。「ターン」をうまく活用することで相手の注意を引き付けることができます。

  1. 聞き手の方を向いて、聞き手にアイコンタクトを取ります。
  2. 次に、スクリーンの方にターンをしてスクリーンを指しながら話します。
  3. 次に、聞き手に向かって再度ターンをして話します。

「アイコンタクト」を行う

聞き手へのアイコンタクトでは、会場をまんべんなく見渡すことが大切です。しかし、どのように見渡すのかを決めておかなければ、きょろきょろして落ち着きがないという印象を与える可能性があります。以下の2つのパターンを組み合わせて活用してみましょう。

パターン① ジグザク

パターン② ぐるっと一周

あえて「間」をとる

「間」を取ることが苦手で、発表をしている時には話し続けなければならないと思い込んでいる人もいます。しかし、話し手が話をずっと続けていると、聞き手にとっては単調な印象となり、集中力が逆に下がることがあります。そのため、話すことと間を取ることを適度に組み合わせてメリハリをつけることが有効です。

「間」を取る心構え

話し続けなければ話が滞ったっという印象になるのでは?「間」が出た時に慌ててしまうと、そのように思う人が出るかもせ入れません。しかし、あえて「間」を使うことで相手も「間」を活用しているのだなと理解されます。
話し続けなければ相手の関心が低下するのでは?「間」を入れることでメリハリがつき、相手の関心を引き付けることができます
「間」ができると質問や反論されるのでは?質問や反論が出たときにも楽しめるマインドをつけることが大切です。

「間」の取り方

「間」を取るタイミングは、相手に考えさせるポイントに挿入すると効果的です。

『例』

佐藤と申します。私は「」鹿児島県出身です。職場では「」システム監視を行っています。

このように「」を設けることで、「出身地はどこだろう?」「なんの仕事をしているんだろう?」と考える時間を与えることができます。これにより、内容の理解を高めることができます。

通信教材で人材育成

このようなお悩みはありませんか?

  • 従業員のメンタルヘルスに対する意識が低い
  • 健康経営を推進するための人員予算が足りない
  • 人材育成の目標ゴールが明確化されていない
  • 何から始めたら良いか分からない🔰

Tell Toolは、

定期配信型の通信教材を毎月、提供することで、

ビジネスパーソンが初心に戻って学ぶ機会を提供します

サービスのご利用は簡単シンプル!

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報を確認できます。

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、人材育成やメンタルへルス意識向上にもつながります。

通信教材は5つのカテゴリーから選択できます

社員の立場に応じたコンテンツ

全員共通コンテンツ

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。