言い訳が多い人の心理的要因 5選

心理コラム

言い訳が多い人には、さまざまな心理的原因が影響していることがあります。以下に、その主な心理的原因を挙げてみます。

言い訳が多い人の心理的要因 5選

1. 自尊心の防衛

自尊心が傷つくことを恐れる気持ちから、言い訳をすることで自分の過ちや失敗を正当化し、自尊心を保とうとします。ミスを認めることで「自分はダメだ」と自己評価が低くなることを恐れる心理が働きます。このような人は、失敗を個人的な能力や価値の欠如と結びつけがちであり、自己肯定感を維持するために防衛的な態度を取ります。

2. 批判への恐怖

批判や非難を受けることを自分自身への攻撃と捉え、極端に恐れる心理から、言い訳をして自分を守ろうとします。批判に対して過敏な反応を示す人は、他者の評価を過度に気にし、自分の行動や決断が否定されることに強い不安を感じます。このため、言い訳をすることで自分の立場や行動を正当化しようとするのです。

3. 完璧主義

完璧主義者は、自分に対して非常に高い期待を持ち、ミスをすることを許せないことが多いです。その結果、ミスを認めたくないために言い訳をすることがあります。完璧でなければならないというプレッシャーは、失敗や不完全さを受け入れることを困難にし、自己防衛の一環として言い訳を選ぶ傾向があります。

4. 自信の欠如

自分が目標を達成する能力があると感じる度合いを自己効力感といいますが、この自己効力感が低いと、自分の行動や結果に自信を持てないため、言い訳をすることで不安を軽減しようとします。自己効力感が低い人は、自分の能力や価値に疑念を抱きやすく、他人からの期待に応えられないという恐怖心から言い訳を用いることが多いです。

5. 人間関係の不安

人間関係に不安を感じる人は、他人からの評価を気にしすぎたり、他者からの信頼を失うことを恐れる心理が働き、言い訳をして自分を良く見せようとする傾向があります。特に、他者との関係を維持するために過度に努力する人は、失敗や弱点を隠そうとし、言い訳を通じて自分をポジティブに見せることで安心感を得ようとします。このような人は、他者からの承認や肯定が自己評価に大きく影響するため、言い訳をすることで対人関係のバランスを保とうとします。

言い訳する心理の改善方法

言い訳が多い人には、自己防衛のための心理的なメカニズムが働いています。そのため、それらの心理的要因を理解することで、言い訳を減らし、より誠実なコミュニケーションを取ることができます。

批判に対する認識の改善

批判を極度に恐れるのは、批判を自分自身への攻撃と受け取ることが原因の一つです。そのため、批判は必ずしも否定的なものばかりではなく、建設的な改善のための情報として受け取ることが大切です。

自己価値観とミスの分離

ミスを指摘されると、自分自身が否定されたと感じてしまう理由のひとつに、自信の欠如があります。そのため、自己価値観とミスを分離して考えることが重要です。そのた目には、自分の価値は一時的なミスによって損なわれるものではないと理解することが大切です。

②ミスの指摘は建設的な改善のための情報として受け取ることの2点を理解することが必要です。

完璧主義の見直し

完璧であることに固執せず、成長と改善に焦点を当てることが求められます。

完璧主義を止める方法について詳しくはこちら↑

ストレスの管理

ストレスを効果的に管理する方法を学び、プレッシャーや周囲からの評価に対処する力をつけることが大切です。当社の「通信教材」では、メンタルへルスに関する情報を毎月、提供することで、ストレス管理や健康に関する啓発と教育を行うことができます。

通信教材でメンタルへルス対策

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、社内向けの情報発信にすぐ活用できます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、メンタルへルス意識向上にもつながります。

① ストレスについて

  • ストレスとは
  • セルフケアとは

② ストレス対処法について

  • ストレスへの対処法
  • ストレス耐性を向上させる
  • メンタル不調を感じたら

③ メンタル不調を理解する

  • うつ病とは
  • 適応障害とは
  • パニック障害とは
  • HSPとは

④ 周囲への働きかけについて

  • 周囲でメンタル不調者が出たら
  • うつ病の人にかけてはいけない言葉

メンタルへルスに関する情報を毎月提供することで、従業員の健康への意識を高めることができます。

01 年間を通じた運用が可能

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント教育、発達障害などの領域においてテーマを選択し、年間を通じた目標やゴールイメージを明確にします。

02 テンプレートから運用し予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

予算を最小限に抑えつつ、小規模な取り組みからスタートしたい企業様にとって適したソリューションです。

03 Webテストと組み合わせて、より効果的に活用可能

3方面からのアプローチ

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方は

お気軽にお問い合わせください。