SMARTを用いた目標設定のやり方

心理コラム

SMARTとは

目標を設定する際に、効果的な目標設定の方法として、「SMART」フレームワークが広く用いられています。SMARTとは、Specific(具体的)Measurable(測定可能)Achievable(達成可能)Relevant(関連性のある)Time-bound(期限がある)の頭文字を取ったもので、各要素を満たす目標設定をすることで、より明確で達成しやすい目標を立てることができます。

1. Specific(具体的)

目標は具体的で明確でなければなりません。漠然とした目標は達成が難しくなります。

悪い例:「健康になる」
良い例:「週3回ジムに通い、毎回30分間の有酸素運動をする」

2. Measurable(測定可能)

目標が達成されたかどうかを確認するために、測定可能な指標を設定します。

悪い例:「もっと本を読む」
良い例:「月に2冊のビジネス書を読む」

3. Achievable(達成可能)

現実的で達成可能な目標を設定します。自分の能力やリソースを考慮し、無理のない範囲で挑戦的な目標を立てます。

悪い例:「1ヶ月で20kg減量する」
良い例:「3ヶ月で5kg減量する」

4. Relevant(関連性のある)

目標が自分の価値観や長期的な目標に関連しているか確認します。関連性のある目標はモチベーションを維持しやすくなります。

悪い例:「友人のために料理を学ぶ」
良い例:「健康を維持するために栄養バランスの取れた食事を学ぶ」

5. Time-bound(期限がある)

目標には明確な期限を設けます。期限があることで、目標達成に向けての行動計画が立てやすくなります。

悪い例:「いつか英語を流暢に話せるようになる」
良い例:「1年以内にTOEICで800点以上を取得する」

SMART目標設定の実践例 3選

具体例として、以下のような目標設定を考えてみましょう。

① 納期遅延が多い時

  • Specific(具体的): 各プロジェクトの納期を100%厳守する。
  • Measurable(測定可能): すべてのプロジェクトで納期遅延がないこと。
  • Achievable(達成可能): 納期を最優先事項とし、必要に応じて適切なリソースを確保する。
  • Relevant(関連性):納期遵守は顧客満足度と信頼性向上に直結する。
  • Time-bound(期限): 次の3か月間

目標設定(例):次の3か月間、各プロジェクトの納期を100%厳守することを目指します。週次の進捗会議を実施し、必要なリソースを迅速に確保します。

② 誤字脱字が多い時

  • Specific(具体的):メール、報告書等の誤字脱字をなくす
  • Measurable(測定可能):次の1か月間、メールや報告書の誤字脱字が3件以下であること。
  • Achievable(達成可能):ドキュメント作成後、自己チェックを行う。それでも誤字が出た場合はペアレビューを導入する
  • Relevant(関連性):誤字脱字は社内外の信頼性を損なうため
  • Time-bound(期限):次の1か月間

目標設定(例):次の1か月間、メールや報告書の誤字脱字を3件以下に減らすことを目指します。ドキュメント作成後には自己チェックを実施し、必要に応じてペアレビューを行います。

③ 営業目標の未達が続いている

  • Specific(具体的):目標達成率を95%⇒105%にする
  • Measurable(測定可能):目標達成率105%以上にすること
  • Achievable(達成可能):訪問件数100件/月に引き上げることで受注の機会を増やす。責任者との同行を積極的に調整し、受注率を向上させる。
  • Relevant(関連性):営業目標の達成は企業の業績向上と従業員の給与増加に直結する。
  • Time-bound(期限):次の6か月

目標設定(例):次の6か月間で営業目標達成率を105%以上に引き上げるため、訪問件数を月に100件に設定します。責任者の同行を積極的に調整し、受注率を更に高めます。

まとめ

SMARTフレームワークを活用することで、明確で達成可能な目標を設定しやすくなります。具体的で測定可能、達成可能で関連性があり、期限が設定された目標は、実現可能性が高まり、モチベーションの維持にも役立ちます。ぜひ、このフレームワークを活用して、効果的な目標設定を行いましょう。

当社の「マネジメント検査」は、無自覚なパワーハラスメントやリーダーシップ能力に焦点を当てた項目を測定し、受検後には研修シートを配布することで社員の自己啓発を促します。

マネジメント検査で人材育成

管理職向けのマネジメント検査

当社の「マネジメント検査」では、管理職の適性を『信頼関係構築能力』『リーダーシップ能力』『マネジメント能力』の3つに分けて測定します。

管理職の3つの適性
管理職の適性
マネジメント検査の帳票

検査項目

  1. 信頼関係構築能力
  2. リーダーシップ能力
  3. マネジメント能力
  4. リスクチェック など

「マネジメント検査」の特徴

Point1 具体的な場面を想定した問題

管理職は、様々なタイプの部下と接する必要があります。マネジメント検査では、トラブルが起きた時や部下が悩んでいる時など、よくあるシチュエーションを想定し、その時の対応方法を選択肢の中から選んでもらう問題形式になります。理論面と感情面双方の視点から受検者の傾向を測定することができます。

Point2 充実した分析結果

管理職の適性を3つに加え、リスクチェックを含めて可視化します。それに加え、受検結果に応じて受検者に気づきを促すような指摘や改善点を含んだコメントを記載しています。

Point3 受検して終わりではない仕組み

受検後、マネジメントの基礎や若手社員の思考に関する内容を記載した「振り返りシート」を配布することで、受検して終わりではなく自己啓発につながるような仕組みを整えています。

活用の流れ

STEP1

受検

20分で受検ができるため、スキマ時間に受検できます。

Web受検

STEP2

「評価シート」の配布

数値で自身のマネジメントスキルを把握することができます。

マネジメント検査
評価シート

STEP3

「振り返りシート」の配布

マネジメントの基礎や若手の思考について学ぶことができます。

マネジメント受検後の改善Book
振り返りシート