面接中にできる学生の内定辞退を防ぐ方法

心理コラム

学生の内定辞退を防ぐためには、各面接フェーズごとに適切な対策を講じることが重要です。一次、二次、三次の面接それぞれにおいて、どのような対策が効果的かを具体的に見ていきましょう。

各フェーズごとの対策

説明会:企業理解の促進

学生が企業のビジョンや価値観に共感できるかどうかは、内定受諾に大きく影響します。説明会の段階で、企業文化、働き方、福利厚生、キャリアパスなどについて具体的な情報を提供し、学生が自分に合うかどうかを判断できるようにしましょう。

  • 実際のエピソードや成功事例を交えながら、企業の強みをアピール
  • オフィスツアーや社員インタビューなどを通じて、職場環境や社風を具体的に伝える
  • 動画や写真を活用して、企業の雰囲気を伝える

一次面接:初期スクリーニング

① 学生について理解を深める

一次面接では、学生の基本的な性格傾向能力を初期段階で評価し、能力面における企業とのマッチング度を確認します。

②迅速なフィードバック

一次面接後、できるだけ早くフィードバックを提供しましょう。学生は次のステップについて不安になることが多いので、フィードバックの提供は、信頼を築く一歩となります。また、学生にフィードバックを提供する企業は少ないので、フィードバックを行うことで学生に強い印象を残すことができます。

二次面接:企業とのマッチング確認

①相性を確認する

二次面接では、学生が企業の文化や価値観に適応できるかを見極めることが大切です。例えば、「当社のミッションに共感する点や、特に興味を持った部分はありますか?」といった質問を通じて、学生の価値観や意欲を確認することができます。

②働く条件への柔軟な姿勢を示す

学生が持つ希望条件や不安点について話し合い、可能な範囲で柔軟に対応する姿勢を見せましょう。例えば、勤務地や勤務時間に関する要望に応えることができると、学生の内定受諾の可能性が高まります。

三次面接:内定受諾の動機付けと不安解消

①管理職との面接

管理職との面接を通じて、学生が会社のリーダーと直接話す機会を設けます。これにより、会社への入社意欲を高目ることができます。

②不安の解消

学生の不安を解消することは、内定受諾に大きく影響します。そのため、三次面接では、学生が持つ疑問や不安に対して丁寧に対応しましょう。例えば「キャリアアップの機会はどのように提供されますか?」や「ワークライフバランスはどのようにサポートされますか?」といった学生からの質問に丁寧に答えることで、不安を解消します。

③キャリアパスの説明

学生の入社意欲を高めるために、企業のビジョンや成長戦略、将来のキャリアパスなどを具体的に説明しましょう。例えば、成長機会や研修制度、昇進のスピードなどについて詳細に伝え、学生が企業での将来像を描けるようにします。

ポイント

各面接フェーズで適切な対策を講じることで、学生の内定辞退を防ぐことが可能です。企業の魅力を伝え、学生の不安を解消し、入社後の具体的なイメージを持ってもらうことが重要です。採用担当者は、学生とのコミュニケーションを密にし、入社への動機付けを強化する取り組みを続けていきましょう。

内定を出した後、学生のフォローアップが手薄になる傾向があります。当社では、そんな企業様向けに、学生の不安を解消するために新卒社員向けの「通信教材」を提供しています。

新卒社員向け「通信教材」

01 視覚的存在感

お手元に置くことで日常的に手に取りやすく、視覚的に学ぶ機会を増やすことができます。

02 一目でわかる  

関連トピックがコンパクトに一枚でまとまっているため、一目で見たい情報にアクセス可能!

03 社員間の話題に

本誌を題材に社員間の話の題材になり、自己啓発の意識向上につながります。

① ビジネスマナーの基本

  • 第一印象の重要性
  • 電話対応の基本
  • 敬語の使い方

② 仕事の心得

  • 優先順位のつけ方
  • 報連相の実践
  • PDCAサイクルの活用

③ セルフケア

  • ストレスマネジメント
  • 人間関係の悩み解消
  • メンタルへルス対策

④ 将来の目標設定

  • 目標設定の方法
  • アクションプランの作成

学習コンテンツを毎月提供することで、学ぶ意欲を高めることができます。

01 年間を通じた効果的な運用

年間スケジュール

メンタルへルス、マネジメント、発達障害などからテーマを選択し、年間を通じた計画を立てることが可能です。

02 予算を最小限に抑える

初心者でも大丈夫

当社独自のパッケージを活用することで、お客様はプランニングや設計を行う必要がないため、予算を最小限に抑えることができます。

03 Webテストと組み合わせて効果的に活用

3方面からのアプローチ

Webテストと組み合わせて運用することでより効果的に人材育成が可能です。

【Webテスト一覧】

STEP1 お問合せ
こちらよりお問合せください。担当からメールにてご返信させていただきます。
STEP2 製品ご説明 (※任意)
製品の詳細をご説明させていただきます。
STEP3 ご注文
ご利用人数をお知らせください
STEP4 ご入金
利用開始前にご入金ください
STEP5 通信教材を送付
毎月(第一営業日)に通信教材を送付いたします(初月は保管用のバインダー付き)

通信教材へ興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。