社会人基礎力を測定し人材育成へ|分析サービスの紹介

社会人基礎力

社会人基礎力とは

「社会人基礎力」とは、経済産業省が2006年に提唱した定義で、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力のことを指します。

社会人基礎力は人材育成においては欠かせない要素ですが…

社会人基礎力 を伝えずに

なんとなく人材育成をしていませんか?

悩む人

社員に注意をしたら想像以上に落ち込ませてしまった

落ち込む上司

感情的な社員や他責志向の社員に対してどのように育成をしたらいいのかわからない

疑問を持つ人

教育をしたいが、社会人基礎力の評価定義を決めていない

基礎検査

このようなお悩みを抱える企業様向けに

基礎検査をご用意しております

基礎検査の流れ

基礎検査を受検された方全員に下記2点をプレゼント

① 分析結果

検査項目

  • コミュニケーション能力
  • 責任感
  • 誠実性
  • メンタル傾向 など

20分のスキマ時間に簡単チェック

自分だけでは気づかないような考え方の癖を測定し、働くうえでつまづきやすいポイントをアドバイスします。ストレス耐性の向上や、感情のコントロール力の向上が期待できます。

基礎検査

② 改善冊子

  • 生きづらさにつながる考え方の癖について
  • 「べき思考」の対策
  • 「マイナス思考」の対策
  • メタ認知力の鍛え方
  • 瞑想のやり方
基礎検査受検後の改善Book

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください